ブラックジャック

特徴(私が勝手に評価してます。)

ギャンブル性 低
長く遊べる? 中
調子の上下  小  (ギャンブル性と近いかも。項目が少ないので足した)

カード、サイコロ等に触れられるか
6デッキ、触れない 1デッキ又は2デッキ 触る

使用カードと数字

1or11

2

3

4

5

6

7

8

9

10

10

10

10


※参考に覚えておこう※ 6以上を引く確率61.5% 10を引く確率30.7%

ゲームルール(大まか) (役のブラックジャックはBJとする)

トランプの合計を足して21を越えずに大きい方が勝ちと言う単純明快なルールです。
ディーラーの数字vsプレイヤーは各々自分の数字で戦う事になります。

最初の2枚の状態で10とAの組み合わせの時のみBJ成立
ベット対し配当は2.5倍になります。
ディーラーに数字で買った場合2倍で帰ってきます。

6デッキブラックジャックで説明します。
デッキはカード1セットと考えてください、ジョーカーを除く4×13枚で1デッキです。
つまり6デッキはトランプを6セット混ぜて使います。

頑張って画像作ってみました。

まず○の位置にベットします。賭ける金額(チップ)を○に置いてください。
ここからディーラーが動き始めたらゲーム開始!
※ゲームが始まったらチップに触ったりしてはいけません。6デッキの場合カードに触れてもいけません。

カードはこの図の右側から配られます。
1枚目は表向きで(数字が見える)配って行き、プレイヤーを配り終えたらディーラーのカードのみ裏で配ります。
2枚目はディーラーも含めて全部表で配ります。
これで全員2枚のカードが配られました。プレイヤーは全てカードが見えており、ディーラーは1枚は数字が見えて1枚は見えない。

ここからプレイヤー一人づつ判断が始まります。
プレイヤーで10とAの組み合わせの場合BJ成立ですが、まだ確定ではありません。

※重要※上に10の出る確率を書いたと思いますが、3回に1回弱で10を引くんです。これがブラックジャックゲームをする上で重要な判断基準になります。

@ディーラーの見えてるカードがAの場合、裏は約1/3の確率で10になり、ディーラーがBJになる確率が特大になります。
この見えるカードがAの場合のみ特殊なルールがありますが、下に別途記載します。
ディーラーがBJの場合ゲーム終了です。
ここではディーラーの見えるカードがA以外と言う事にしてAへ進んでいきます。

Aディーラーの数字を想定しつつ、右の席の人からカードを追加するか聞いてきます。
プレイヤーがカードをもう引かないと選択したら左の人に順番が移ります。

カードを引いたり引かなかったするのはジェスチャーで行います。
カードを追加する場合(ヒット)
ヒットは人差し指でテーブル(マットの部分)をツンツンと突きます。

カードをもう引かない場合(ステイ)
手を開いて手のひらを下に向け、横に動かす感じで少し左右に振ります。

絵が無くて申し訳ありませんが、プレイ中の人を見ればすぐわかると思います。
数字が22以上になってしまった場合をバストと言います。
バストしてしまった場合、ディーラーがオープンする前にベットも回収されてゲーム終了です。
他の人が全員終わるまで待つことになります。

プレイヤーがBJだった場合、順番が来た時点で配当があります。
手を伸ばして配当貰っても良いのですが、一応ゲームが終わってないので終わるまでニヤニヤしてればよいと思います。

B全プレイヤーの判断が終わると、最後にディーラーの裏になっているカードを開き、ディーラーの手は2つの条件でカードを引くか引かないかを選択します。

1、合計16以下 必ずもう1枚引く
2、合計17以上 これ以上引くことが出来ない。
これで親は17〜21の数字とバスト以外ありえない事になります。

あとは
バストしてないプレイヤーと数字の対決!ディーラーよりも数字が大きかったプレイヤーに配当があります。
配当が終わって1ゲーム終了です。

カジノでブラックジャックをやった事が無い人で、パソコンのゲーム等でブラックジャックをやった事のある人は感覚をまるきり捨てて下さい。
漫画などで見た人もイメージを捨てて下さい。

自分の数字を大きくする面と、もう一つディーラーをバストさせる事も重要になります。

PCゲーム等だとディーラーがバストしにくい工作がしてあるゲームもあり、実際と感覚が違うパターンがあります。
カードを引くと1/3で10が来る可能性を常に頭に入れてプレイします。
当然ディーラーも引くことになった場合10を引く可能性が高い事になります。

先にバストしてしまうと、ディーラーがバストしてしまってもベットは回収されているのでイーブンではありません。
しかしディーラーのバストにばかり期待して強そうなディーラーのカードに対抗して行かないのもダメです。
このバランスがブラックジャックの面白い所です。

どう引くか解らない人という方。大抵はディーラーの裏のカードを10と仮定した上でゲームを進めます。
そうすると、ディーラーの表のカードが7〜10の場合、17〜20が既に出来ていると推測します。
自分のカードが15でディーラの表カードが7だと、17を推測し、負けているのでヒットして引いていきます。(17だとディーラーはもう引きません。)

ディーラーの表カードが6の場合、ディーラーは16と推測すると、ルール上ディーラーは16だともう1枚引かなけれなばりません。
こうなるとディーラーのバスト確率が跳ね上がるので自分はバストしない事を基本に動きます。12以上はもう引かないと言う事です。

ブラックジャックの細かいルール

@インシュアランス
おおまかな説明で省いた、ディーラーの見えるカードがAだった場合
ディーラーの見えてるカードがAの場合、裏にあるカードの可能性は10が一番高い。つまりディーラーのBJの可能性が高い状態です。
このディーラーの見えてるカードがAの時だけインシュアランス(保険)を賭けるか聞かれます。
※ディーラーがBJだった時は、そこでゲームが終わります。

ディーラーがインシュアランス?と言ったら保険を賭ける場合は「ベットと同じ金額」を上の図の黄色文字のライン(白枠の半円の細いエリア)に置きます。
保険を掛けない場合、ノー、又は首を横に振って答えましょう。
迷った時は自分の手持ちのチップを持ったりすると賭けるのか迷っているのが相手に伝わるので待ってくれます。(少しだけ)
全員なんのアクションも無いと保険が無いとしてディーラーはゲームを進めます。

保険のベットが終わりました。
ディーラーは専用の小窓にカードを持って行き、ディーラーだけ裏のカードを見ます。
その状態でディーラーがBJだった時はゲーム終了。

プレーヤーもBJだった場合、ベットがそのまま戻ってきますが、他のプレイヤーは回収されます。保険をかけていた場合、保険の倍が戻ってきます。

例えばベットが10ドル、保険が10ドル、親がBJだった場合、ベットの10ドルは回収されて保険の分で配当20ドルになります。
ベットが10+10で配当20、プラスマイナス0です。

保険をかけてディーラーがBJじゃなかった場合!保険ベットが回収されてしまい、更にカードはエースなのでいい数字が作り易い。(Aだけ1にも11にも出来る)ので保険回収されて自分のカードが弱いと目も当てられません。
保険をかけてディーラーがBJじゃなかった時に、数字で勝っても保険かけた影響でプラスマイナス0です。

とにかくディーラーがAの時点で敗色濃厚になるのでイーブンで抑えられれば良いのですが下手すると余計にベット取られるだけ、あまり使う人がいないルールです。

Aイーブンマネー
プレイヤーがBJで親の表カードがAだった場合、プレイヤーは2.5倍の権利を放棄して2倍で良いので配当下さいと言う事が出来ます。この時はディーラーにイーブンマネーと言ってください。

ここからは通常ゲームのルールです。
Bスプリット
配られた2枚の数字が同じだった場合、スプリットを宣言する事ができます。
ジェスチャーはチョキです。
くっ付けたチョキを横に広げる感じでカードを横に分けるジェスチャーになります。
例えば貴方のカードが8と8だったとします。
足して16です。6以上を引いてしまうとバストします。
かなり上に書きましたが6以上を引く確率はとても高い。
そこでスプリットの登場です。

ベットと同じ額を図で言うと最初にチップを置いた○のすぐ左位に置きます。これでベットは倍になってしまいましたが、カードは8と8が分かれて1枚だけの状態になります。

これに2枚目がそれぞれ配られます。
一人で2人分プレイに変化したみたいなものです。
8だと引きやすいカードは10なので18が期待できて勝負になります。
ディーラーの表のカードから弱そう(バストしそう)と判断した時はスプリットで攻めるのも手です。
スプリットして配られたカードが又同じだった場合、更にスプリットできます。

Aのスプリットは、分けてから10を引いてもBJでは無く21です。
またAのスプリットの場合、それぞれに1枚づつ配られて終了、更に追加ヒットする事ができません。
またAが来たらまたスプリットできます。

Cダブルダウン
ダブルダウンは慣れてくると使いまくる事になります。
ダブルダウンはベットと同じ額を再びベットして1枚だけ引く宣言です。

例えば7と4が手持ちカードで次に引いた場合10を引く可能性が高い。
この場合10を引ければ21の最強数字になります。
こんな時は勝負に出る為にベットを追加して勝負にでます。2を引くと13になってしまいますが、ダブルダウンの場合はもう引くことができません。

Dサレンダー
自分のカードとディーラーの表カードから負けたと思った時はゲームを降りる事ができます。
ベットの半分が戻ってゲームを降りる事になります。
ディーラーがAの時は保険(インシュアランス)が優先で終わるまで出来ません。
とってもツカンポの時に無理に大きくベットしてカードを見たら大ピンチなんて時に使う事もありますが、基本的にあまり使う人がいません。

参考

確率の話で6以上を引く確率と言うのを冒頭の方で記載しました。
ブラックジャックで一番困った数字が16です。
ディーラーが17以上だともう引かないのでディーラーが7が見えてる場合ディーラーが17の可能性を考えてプレイします。
そうすると16だとバストを覚悟して引かなければなりません。
逆にディーラーのカードが6だった場合16の可能性を考えて行動します。

ブラックジャックでディーラーの表カードが5か6の場合、ディーラーのバストを狙うため暗黙として自分がバストしない様に動くのが普通です。
ここでカードを引いて10で自分がバスト、そしてディーラーが小さい数を引くと、バストするはずだった流れを自分が変えてしまったと取られてブーイングが起きます。

逆にディーラーが6で自分が6、5の11だったら自分は何を引いてもバストしません。この場合迷わずダブルダウンして攻める等は普通にやります。
少し自由に欠けると思う方がいるかもしれませんが、これが遊び方になります。
覚えておきましょう

それほど気にしなくても良いですが・・
ブラックジャックでは慣れてる人は左側、初心者や自信のない人は右側に棲み分けする傾向があります。
左席に座って引かなくても良いカードを引いてディーラーに良い手が行くと嫌われます。思いっきり文句言われます。
初心者は中央から右側に座るのが良いと思います。
最初に書いた通りそれほど気にする事ではありませんが・・。

左に座ると、次に10が出そうだったらディーラーに回そうとしたりと、色々考えたプレイが出来ます。面白いですが変に流れを呼んで外すと白い目で見られます。
基本は普通にプレイですね。

ちなみに!6デッキと言ってもシャッフルしてプレイヤーが中央にカードを刺して切ります。
その後切った所がカードの先頭になります。
また後ろから1デッキ分位の適当な所にカードを刺してセットします。
そのカードが出たらそのゲーム終了でシャッフル。
つまり概ね1デッキ分位使わないカードが出る。
この辺がプレイヤーのカードカウント対策になっているかと思います。

※カードカウント:頭の良い人は出たカードをカウントして傾向を読もうとする。
また最新カジノテーブルでは出たカードを把握する機能を持っているテーブルが有り、ディーラーがカウントを把握するとシャッフルを自由に入れられたりカジノ側有利になると言う意見があり、集団化してカジノと争ってます。

さて!自分のカードとディーラーの表カードでどう行動するか指針になる表があります。
この表に乗っ取って行うと!なんと!還元率98%だったと思います。
まぁ98%と言う事は負けるんですが確率論で一番適している方法になります

あとはノッテル時に金額を上げたり、表から自己流で少し変化させる。途中で勝負所を決めに行く、など試行錯誤して勝ちにいくしかありません。
興味がある方は覚えてください。

※Excelから挿入したので後々見やすい様に作り直します。
HIT:ヒット、もう1枚引く
STAY:ステイ 引かない
Double:ダブルダウン
Sprit:スプリット
Surren:サレンダー 降りる

ディーラーの見えている数字
2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
プレイヤー 8以下 HIT HIT HIT HIT HIT HIT HIT HIT HIT HIT
9 HIT Double Double Double Double HIT HIT HIT HIT HIT
10 Double Double Double Double Double Double Double Double HIT HIT
11 Double Double Double Double Double Double Double Double Double HIT
12 HIT HIT STAY STAY STAY HIT HIT HIT HIT HIT
13 STAY STAY STAY STAY STAY HIT HIT HIT HIT HIT
14 STAY STAY STAY STAY STAY HIT HIT HIT HIT HIT
15 STAY STAY STAY STAY STAY HIT HIT HIT Surren HIT
16 STAY STAY STAY STAY STAY HIT HIT Surren Surren Surren
17上 STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY
Aがある場合 A,2 HIT HIT HIT Double Double HIT HIT HIT HIT HIT
A,3 HIT HIT HIT Double Double HIT HIT HIT HIT HIT
A,4 HIT HIT Double Double Double HIT HIT HIT HIT HIT
A,5 HIT HIT Double Double Double HIT HIT HIT HIT HIT
A,6 HIT Double Double Double Double HIT HIT HIT HIT HIT
A,7 STAY Double Double Double Double STAY STAY HIT HIT HIT
A,8 STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY
同じカード 2,2 Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit HIT HIT HIT HIT
3,3 Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit HIT HIT HIT HIT
4,4 HIT HIT HIT Sprit Sprit HIT HIT HIT HIT HIT
5,5 Double Double Double Double Double Double Double Double HIT HIT
6,6 Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit HIT HIT HIT HIT HIT
7,7 Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit HIT HIT HIT HIT
8,8 Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit
9,9 Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit STAY Sprit Sprit STAY STAY
10,10 STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY STAY
A,A Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit Sprit

尚!この表はカンニングペーパーと思ってください。
見ながらプレイすると怒られるので覚えるしかありません。
注意しましょう。

ハウスエッジは概ね2%です。

1デッキ、2デッキの場合

ディーラーの動きやプレイ方法は6デッキと同じです。

1デッキを想定してください、5人でプレイした場合5人+2枚とディーラーの1枚、つまり11枚がオープンした状態、そこから右の席から更にカードをオープンして行くと1デッキの場合はカードが読みやすくなります。
6を引きたいのに6が既に無いなど解り易い。

そこで1デッキ2デッキはカードを全部裏にして配ります。オープンされるのはディーラーの1枚のみ
2枚づつ配られ終わったらカードを手に取って見ます。他の人に見せてはなりません。
テーブルからカードを出してもいけないのでそっと見ます。

BJが出来ていた場合はオープンして見える様に置きます。
ヒットしてバストしてしまった場合も見える様に置きます。

ステイする場合は持っているカード2枚を見せない様に置きます。
多少ですが左の席は有利なはず。やった感じではほとんど変わりません。
6デッキに異動した時にカードに手を伸ばす癖が付くのが困りものです。

管理人のお店
2016/12開業
apple製品、携帯ゲーム修理他

↑クリックしてやって下さい↑

広 告

管理人のブログ
HP更新情報

管理人プロフィール
自己満足な内容に
なってしまったので
見ないで下さい