パイゴウポーカー

特徴(私が勝手に評価してます。)

ギャンブル性 低 (遊んだことが無いので推測)
長く遊べる? 長
調子の上下  中 (ギャンブル性と近いかも。項目が少ないので足した)

カード、サイコロ等に触れられるか
触れる

使用カードと数字

A

2

3

4

5

6

7

8

9

10

J

Q

K


上記カード4絵柄+ ジョーカー1枚

ジョーカーはストレートの1枚、フラッシュの一枚としてのみオールマイティカードとして使える。それ以外の場合はAになる。Aのペアとして使えるが他のペアには出来ない。
従ってA4枚+ジョーカーの時のみ5カードと言う役がある。

ゲームルール(大まか)

※テーブル画像作成中
このゲームはトランプを使用し、手札7枚でディーラーと対決7するポーカーです。
プログレッシブボーナス等が付いているものもありますが、ゲーム性からプログレッシブと相性が良くないので付かない事が多い。プログレッシブはカリビアンスタッドポーカーの説明を見れば感覚がつかめると思います。

まずベットはANTEに行う。

プレイヤー、ディーラーに7枚づつカードが配られる。交換は無い。
配られたカードを見て5枚(ハイハンド)と2枚(ローハンド)に分ける。
(分け方の基準は下の参考の項目を参照)

ルールとして5枚のカードの方が高い役になる必要がある。間違えると強制で敗北。
分け終わったら奥にローカード2枚、手前にハイカード5枚を並べる。

並べ終わったらディーラーがカードをオープンして基準に沿って並べる。ディーラーは自由が無く基準の通りに分けるだけになる。

プレイヤーのカードと勝敗決定

ハイカード、ローカード両方で勝った時のみ配当がある。
どちらか片方の勝利で引き分け
両方敗北でベット没収。

引き分けが多く、カジノのなかでは勝負性が薄く動かないゲームになる。

配当

配当はコミッション5%が引かれて 0.95:1になる。
プログレッシブやハウスルールなどが付くものもあるので、その場合はカジノ毎のルールになる。

ハウスエッジは2.5%程度と思われる。

ディーラーのカードの分け方
7枚のカードの中が
@完全ブタ
一番高い数字をハイハンドに入れ、2番3番をローハンド、残りがハイハンドになる。

Aペアが1個ある
ペアをハイハンドにいれ、残りのカードのなかの数字が高い方から2枚ローハンドに、残りがハイハンドになる。

Bペアが2つある。
3-1 両方とも10以上のペアで尚且つ残りのカードにAがある場合、ハイハンドにツーペア、ローハンドにAと高い方からもう一枚、残りがハイハンドになる。
3-2 両方とも10以上のペアで他がK以下の場合、高い方のペアをハイハンド、低い方のペアをローハンド、残りをハイハンドに入れる。
3-3 ペアの片方が9以下の場合、ツーペアをハイハンドに、残りのカードの高い方から2枚をローハンドに、残りがハイハンドになる。

Cペアが3つある。
一番高いペアをローハンド、残りはハイハンドになる。

Dスリーカード
5-1 スリカードをハイハンドに、高い数字2枚をローハンドに、残りがハイハンドになる。
5-2Aのスリーカードの場合、Aのワンペアをハイハンド、Aと次に高い数字をローハンドに、残りがハイハンドになる。

Eストレート
ストレートをハイハンド、残りがローハンドになります。ストレートが6枚7枚続いた場合、低い数字からハイハンドに並べ、高い数字をローハンドにします。

Fフラッシュ
ストレートと同様。デッキが多い場合、フラッシュに+ペアが出来ます。その場合上のペアを参照

Gフルハウス
フルハウスの場合、スリーカードをハイハンド、ペアをローハンドに分けます。

Hフォーカード
9-1 8以下の場合フォーカードをハイハンドにし、ローハンドは残りの高い数字になります。
9-2 9以上のフォーカードの場合はワンペア2個にしてハイハンドとローハンド双方にいれます。
9-3 9以上のフォーカードで残りのカードにAがある場合、フォーカードはハイハンドに入れてとローハンドはAと高い1枚にします。

Iファイブカード (Aの時のみ)
ハイハンドをスリーカードに、ローハンドをペアにします。

参考

カードの分け方が戦略になると思われる。
下に書くのは簡単戦略、ハウスエッジ2.7%程度の計算
2.5%バージョンもあるが、パターンを全て覚えねばならず、覚える量が10倍ほどになるので載せない。

戦略を覚えるのが面倒だ!と言う方、ディーラーの分け方は負けない事を最重要にしたものです。これが覚える中で一番簡単です。

7枚のカードの中が
@完全ブタ
一番高い数字をハイハンドに入れ、2番3番をローハンド、残りがハイハンドになる。

Aペアが1個ある
ペアをハイハンドにいれ、残りのカードのなかの数字が高い方から2枚ローハンドに、残りがハイハンドになる。

Bペアが2つある。この場合2のペアと4のペアだと6ポイントとしてポイントで判断がある。Kのペアは13、Aのペアは14で計算。

3-1 ポイント6以下
残りのカードにQ以上のカードがあればハイハンド2ペアにする。Q以上がなければ高いカードをハイハンド、低いペアをローハンドに入れる。。
3-2 ポイント7〜11
残りのカードにK以上のカードがあればハイハンド2ペアにする。K以上がなければ高いカードをハイハンド、低いペアをローハンドに入れる。。
3-3 ポイント12〜16
残りのカードにAがあればハイハンド2ペアにする。Aがなければ高いカードをハイハンド、低いペアをローハンドに入れる。
3-4 ポイント17以上
ペアを2つに分けて高いカードをハイハンド、低いペアをローハンドに入れる。

Cペアが3つある。
一番高いペアをローハンド、残りはハイハンドになる。

Dスリーカード
5-1 スリーカード+ブタ 
スリカードをハイハンドに、高い数字2枚をローハンドに、残りがハイハンドになる。
5-2 Aのスリーカード
Aのペアをハイハンド、ローハンドはAと高い数字、残りがハイハンドに入る。
5-3 スリーカード+1ペア(フルハウス)
ハイハンドはスリーカード、ローハンドはペアにする。
5-4 スリカード+2ペア
ペアの高い方をローハンドに入ハイハンドはフルハウスにする。
5-5 スリーカード+スリーカード
高い方のスリーカードを崩してローハンドでペアにする。ハイハンドは低い方のスリーカードになる。

Eフォーカード
6-1 234のフォーカード
ハイハンドをフォーカードにして残り3枚の内高い2枚をローハンドにする。
6-2 5のフォーカード
残りの3枚に10以上があればハイハンドにフォーカード、なければペア2つに分ける。
6-3 6のフォーカード
残りの3枚にJ以上があればハイハンドにフォーカード、なければペア2つに分ける。
6-4 7 8のフォーカード
残りの3枚にQ以上があればハイハンドにフォーカード、なければペア2つに分ける。
6-5 9 10 Jのフォーカード
残りの3枚にK以上があればハイハンドにフォーカード、なければペア2つに分ける。
6-6 Q K Aのフォーカード
ペア2つに分ける。
6-7 フォーカード+ペア
ハイハンドにフォーカード、ローハンドにペアを
6-8 フォーカード+3カード
高い方の数字を崩す、スリーカードを崩すとフォーカード+ペア、フォーカードを崩すとフルハウス+ペアになる。

F ファイブカード(Aのみ)
AAのペアをローハンドにし、あとはハイハンドになる。

ここからはストレート、フラッシュ絡み(SorFで略す。)
※SorFの5枚の他にペアが出来ている場合は判断する必要がない。ここではSorFに必要な1枚と、余りの2枚のカードでペアが出来てる場合に判断が必要になる。

GSorF+ブタ
SorFをハイハンドに入れる。

HSorF&ペア 
9 10 J QのペアがあってローハンドがAKに出来る場合のみSorFを崩してハイハンドペア、ローハンドAKにする。

ISorF&ツーペア
上のBの条件に合った場合、ストレートを崩してペアをハイハンドとローハンドにする。

JF&スリーペア
数字の高いペアをローハンド、数字の低いツーペアをハイハンドにする。

KSorF+スリーカード
SorFの方が強いのでハイハンドがSorF

LF&フルハウス
ハイハンドをスリーカードに、ローハンドをペアにします。

MF&フォーカード
Aの時のみペアを分けてハイハンド、ローハンドAAにする。
それ以外はハイハンドにフォーカード。

管理人のお店
2016/12開業
apple製品、携帯ゲーム修理他

↑クリックしてやって下さい↑

広 告

管理人のブログ
HP更新情報

管理人プロフィール
自己満足な内容に
なってしまったので
見ないで下さい