フィリピン紹介。ちょっとだけ。

フィリピンの治安、環境

紹介と言うよりは旅行記に近い内容

初フィリピンなのでフィリピン紹介というよりは、前準備なども含めて旅行記の様な感じで記載して行きます。2015年9月の状況です。

治安は最悪に悪い国

2015年治安ランキングでフィリピンは162国中132位
治安は飛びっきり悪い国です。

・まず警察が最悪
セットアップに注意、女性に声を掛けられ連れて歩き始めた瞬間に未成年(実は16歳でしたなど)で警察に捕まる。知らない間に麻薬をポケットに入れられて捕まる。なんて事もあります。これは警察官が賄賂欲しさにグルになっています。逆に言えば賄賂さえ渡せばその場で釈放です。(逮捕された上で警察に行ったりすると賄賂額が跳ね上がる様です。)
どうしても警察を呼ばなければ行けない時にも賄賂は必須で考えて良いです。もめ事では賄賂が多かった方の勝ちです。
警察を初めとしてどこでも賄賂が通用します。

(どこでもと書きましたがカジノ内では解りません、今回カジノで仲間がセキュリティに連れていかれました。最終的に丸く収まったのですが、何があったか!まずカジノのキャッシャーがチップから現金への交換で私の仲間に渡し間違えた。セキュリティが来て、もう一度確認したいと仲間の所に来た。一緒にセキュリティルームに行き、録画なども確認しつつ間違いは確認できた。そこから2時間以上帰してもらえなかった。なぜか!お金の問題では無く態度の問題で、対応の中で紳士っぽくない態度に見えるので、もう少しジェントルマンでお願いできませんかーという英語が解らず、更に不貞腐れた様に見えたと言うのが原因でした。英語が伝わらないからこそ、しっかりした物腰や動きが重要ですね。こういう所にしっかり着目してくるカジノでは賄賂などは逆に怒らせる可能性がありそうです。)

今回ニノイアキノ空港でランダムに引っかかったのか、1名がセキュリティに連れていかれました。こちらは並んでいて時間が掛かりそうなので賄賂で時間短縮しました。色々ありますねー。

賄賂には抵抗のある方も多いとは思いますが、切り抜けなければならない状況になったら郷に入っては郷に従え!賄賂を使うパターンもあると思います。

ここで準備を軽く説明

・旅行は日本人8名(6名は初フィリピンで2名はフィリピン中毒)+1名(誰かの現地妻みたいな感じの人:現地合流)フィリピン中毒者2名と現地人1名で安全対策徹底。

・海外旅行保険 海外旅行に何度か言った方は必要性を理解している方も多いと思います。10人位で旅行に2〜3回行くと大体1人は何か起きます。
保険未加入の人がラスベガスから帰る日に空港で倒れて脱水症状と診断、救急車で運ばれて病院で診察&点滴1本、入院はせずにホテルが取れて航空券も翌日取って帰国した。合計で200万円強。痛すぎる。

その他(私が見たわけではないのですが、そう言ってた)
・治安対策で拳銃2丁
・預けてあった登録済拳銃を本人が取りに行く暇が無いので賄賂で代理受け取り、代理返却
・ホテル前に誘拐又はホールドアップ系で日本人をターゲットにする危険人物がいたので仲間に声を掛けない様に買収(賄賂)
・LAカフェ付近にいた警察に、仲間にセットアップしない様に買収
・ホテルマンに女性を連れてきたらカバンに拳銃やナイフが入って無いかしっかり点検する様にチップ(サービス代)
・・・・まぁ安全対策なのですが、諸問題は先に金で解決!色々やってますね。
拳銃所持者が同行しない場合、タクシーに乗らない、外を歩かない、など徹底しました。

私は一人での移動はしましたが、ホテル〜カジノ(約6m)のみ。それ以上歩く時は拳銃所持者に同行してました。(拳銃持ってるの知らなかったのですが持ってたらしい)

ここでフィリピン中毒と書きましたが5回〜6回来た程度のハズです。それでスリにもやられたし、タクシーの運転手から拳銃突きつけられそうな所まで行っています。
安全に100%は有りません。そう言う国です。

交通は酷い有様・いつかタクシーに殺される気がする

まずタクシーは安全、ではありません。現地の人はどうやってタクシーを利用するかと言うと、タクシーに乗り込んだ時にまず運転手の名前と、どこからどこまで利用するか等の情報を家族や友人にメールで送ります。
特に一人で利用する時には乗って走り出した後、急に止まって運転手から拳銃を向けられたりする事もあります。

グループで行く場合3人以上でタクシーに乗り、前に乗る人が密かに運転手の挙動を見るなど対策すると安全性があがります。ダッシュボードに拳銃が入ってたりするのでダッシュボードを開けられる前に止める役です。後ろの人も、のほほんとしてないで運転手が何かしようとしたら攻撃準備です。

フィリピンの交通安全はとても酷いです。日本人がマニラ付近を車で走れたら、たいした物です。
まず赤信号なんて一切守りません。車の鼻先を突っ込んだら勝ちと言う運転です。道路が狭いのですが10cm単位で通れそうなら路肩に突っ込んででも無理矢理抜いたりします。2車線に3台並んで抜き合いもザラです。車間が30cmも開けば鼻先を突っ込んで割り込んできます。突っ込まれた側も、おめおめと道を譲らないので1台の車線に2台並んで進み、進めなくなった方が仕方なく下がると言う運転になります。
かなりスピードも出す上に割り込んだり割り込まれたり、赤信号突っ込んだり、何故事故らない!と思う位です。とにかくクラクションは鳴らしまくるのでホテルに居ても一日中クラクションが聞こえます。

逆に止まったら、それはそれでタクシーごと強盗に襲われたり窓の外に乞食が来たりするので困ります。座席に座ったら基本的にドアをロックしておかないと乞食が扉開けて金くれと事いってきます。乞食ならまだ良いがドアを開けられて拳銃を突きつけられたら困りますね。

ただ運転は上手いとしか言えません。両側5cmしか隙間が無い様な所を平気で走ります。
2車線でトラックが2台走っている中央を抜けた時は命の危機を感じました。

ちなみにタクシーですが、メーターを動かしません。乗る時にホテルまで200ペソなどと交渉します。多めに言うと喜んで運んでくれます。到着してから金額交渉になると必ずボッタくられます。

一度タクシーが突然止まってヤバイ!と思ったらタイヤに空気入れるぜ!と言って突然空気を入れ出しました。その後ガソリン入れるぜ!と言ってガソリンスタンドに入り、更にスタンドのオッサンが寝ているのを叩き起こして入れてました。そして突然歌いだす。
なんなんだ!としか言えません。、タクシー2台の内、先に出発したのに8q先の空港に30分遅れで到着し、飛行機に遅れそうな事態になりました。
日本ではありえないタクシーです。
私は空気を入れるフリして拳銃を突きつけられたらどうしようとヒヤヒヤしてました。

他の乗り物

・ジプニー
トラックに屋根を付けた様な感じのもので、バス的な役割です。乗ると後部にお金の回収役が居るので渡します。金額は距離によって回収役と交渉する様です。乗った事が無いので相場は解りません。ジプニーではスリに良く合う様です。夜間は襲われる事も多いようです。
慣れてくると進行方向に向かうジプニーに乗って直進、曲がりたい時は交差点付近で一度降りるとジプニーが大量に走っているので進みたい方向のジプニーに乗り換えながら進みます。

・トライシクル
屋根付きサイドカー付きバイクの様なもの、乗った事は有りません。
混んでたりすると車と車の隙間に結構割り込んでくる。
タクシーとぶつかってもおかしくない位置を走るので乗っている人は大丈夫なのか!

・トライショー?
名前が合っているか不明。トライシクルの自転車バージョン。
スコールで道路の反対のホテル(約6mの距離)まで傘代わりに乗せてもらいました。
5ペソ上げるって言ったら超喜んで運んでくれました。

乞食は大量

今回ではありませんが、知り合いが子供に囲まれて喜んでいたらウェストバックを取られた。と言ってました。更にウエストバック事例で切られてスマホだけ抜き取られたって言ってました。
大量に人が近づいてきたときは狙われています。
とにかく人を近づかせないのが大切。

エルミタ地区という歓楽街に宿泊しましたが、歓楽街なので特に乞食が多くて犯罪も多く危険な地域です。
建物の近くには子供がいて、建物に入ろうとすると扉を開けてくれて金くれと言います。
ホテル付近には青年から老人まで大量の乞食が居て粘着してきます。歩いて移動すると何か喋りながら付いてきて案内したから金よこせと言ってきます。
時計やサングラスを買えとコピー商品を売り歩いてるのもいます。
もういつ寝てるんだという位、大人から子供まで大量の乞食が常にいます。
お金をあげてはいけません。

特に男の子にお金を上げると、そのお金は麻薬に消えるので、特にですが男の子には絶対にお金を上げない。
母親と1歳未満と思われる子供が路上で寝てて、子供の為に金をくれなどと言って来ます。切なくなります。

組織的犯罪に注意

声を掛けて来る人は全員危険人物と思って下さい。あなたの持っている金、物以外なんの興味もありません。
女の子を紹介する。などは当然危険ですよね。

コンビネーションプレイにも注意が必要です。
上に書いた警官とのセットアップ攻撃、子供を使った集団スリ、タクシーやジプニーを襲う連中、ターゲットにされる人には特徴があります。それは次の項目で

道路を歩いていて前の人が突然倒れる、後ろからスられる。子供が話しかけてくる。後ろからスられる。女の子が突然脱ぐ、後ろからスられる。
足が悪いフリをして近づいてくる、ふらつく、スった瞬間俊足を生かして逃げる。
パターンは様々です。

組織的な物として、どこかで仲良くなる。一緒に飲みに行こうと言う。いつの間にか睡眠薬飲まされている。気付いたら見知らぬ地でパンツ一丁。多いです。
家族ぐるみで仲良くなる。流石に家族ぐるみだと安心かなー → パンツ一丁
気を付けましょう

狙われる人

現地の人は対策をしっかりしているので犯罪行為をしようとすると返り討ちが危険です。
従って狙われるのは観光客になります。

特徴的には!簡単に言うと現地人ぽくない人です。
カバン、バッグを持ち歩いている人、カメラを持っている人、スマホ持っている人、高級品を身に着けている人、長袖の人、財布を持っている人
色々ありますね。

外で写真を取ったりスマホを出したり財布を出したりすると、かなりの確率でターゲットになる様です。

私は今回ジャケットを着ていたので長袖です。かなり目に付いたと思いますがカジノまでの往復しかしない上に何人か危険人物を買収済みだったので問題ありませんでした。

タクシーは必ず4人で乗って全員で運転手監視、外を歩いた距離は3日合わせて1000歩に満たない(基本カジノハイアットにしかいない)。など狙われそうになる時間を極力短くするよう行動してみました。

シークレットポーチ(本命)、ボロいウエストバッグ(ティッシュとタバコは入っているが本命を取られないダミー)、ボロイ財布(何も入ってないダミー)など色々持ってみましたが
何も取られていないので大丈夫でした。

基本的に人を近づけないのが一番重要かと思います。子供たちに囲まれたら、その時点で違和感を感じましょう。100%何かを狙われてます。子供たちに一気に来られたら対応のしようがありません。慣れた人だと集まってきたと思った瞬間何人か蹴り倒して威圧して引き離すらしいですが、したくないですよね・・。小銭をばら撒いて逃げると言う方法が有るのですが、現地の人に言わせると、それは金をまく人と言うイメージを与え逆効果もあって危険らしいです。

銃社会

フィリピンは銃社会です。密造銃が60万丁出回っていると言われています。

いつ銃を突きつけられてもおかしくない国です。また犯罪を犯そうとする人も相手に銃を突きつけられる危険があるので相手は厳選します。

スリは日常茶飯事として、カジノやショッピングモール、コンビニ、マックに至るまで、あらゆる場所にガードマンがショットガンを装備して入場者をチェックしています。
日本では考えられませんね。

女性目的でフィリピンに行く方は、ホテルに連れ帰っていきなり刺されない様に注意が必要です。連れ帰る前にバッグの中身を全部調べます。日本だととても失礼ですよね。
フィリピンでは当たり前です。

さて銃を突き付けられました。持ち物を全部渡してあとは運を天に任せるしかありません。運が良ければ撃たないで逃げてくれるでしょう。半分位は撃たれてしまう様です。

銃は買う事が出来て登録制です。パスポートは必須です。
私は持っていませんが何度もフィリピンに来る方は結構持っている様です。管理場所があってフィリピンから帰る時は預けて、またフィリピンに来る時に受け取るという方法を取っている様です。
2人でフィリピンに行った人がタクシーに乗車中、運転手がダッシュボードに手を伸ばしたので2人で銃を向けたらダッシュボードにはしっかり拳銃が入っていたそうです。

不潔な地、フィリピン

フィリピンでホテルに入って裸足になり、部屋の中を歩いていて破傷風になった人がいます。ホテルの中だろうが、ばい菌だらけです。私はスリッパを持参しました。
外はもっとばい菌だらけです。注意が必要です。

日本には無い病気もあります。
マラリア(蚊)、デング熱(蚊)、狂犬病(動物)等が多く、そして食中毒は頻繁です。

水は水道水は飲んではいけません。お腹を壊します。水から作った氷は当然ですが水道水から作っているので危険です。氷は少量ならお腹に自信があれば大丈夫です。

コンビニは割と安全で飲食物は大丈夫です。カジノも大丈夫です。露店の水は一度使ったペットボトルに水道水を入れて売っている様なのも有るので危険です。信頼できるのはカジノ内とコンビニになると思います。

レストランなどで出てくるコップや取り皿は汚いです。私は除菌ティッシュを持って行って拭き、更にティッシュで拭いてました。ビールなどを頼んだ時は飲み口をティッシュ等で拭いてみましょう。ティッシュに黒い物が付きます。ホコリまみれ&ばい菌まみれで積み上げてあったものを、そのまま拭かずに冷蔵庫に入れて冷やし、そのまま出してきます。

トイレ事情

まずトイレットロール、基本的にありません。盗まれるからです。
便座、基本的にありません。盗まれるからです。
更に、溶けるティッシュやトイレットロールをトイレに流してはいけません。下水が詰まるからです。
トイレの近くには必ずごみ箱が有ります。
拭いた紙はトイレに流さずごみ箱に入れる事になります。

ホテル事情

前に書いた通りホテル内は清潔ではありませんので除菌グッズやスリッパ等を持っていくと良いでしょう。
ここまでで解ると思いますが、金庫も全く信用できません。ベッドメイキング時に共通コードで開ける人が多いようです。本当に必要な物は持ち歩くしかなく、その次に重要そうな物を入れる事になると思います。

基本的に部屋をだらしなく保つと1個位無くなっても・・と思われやすく、その気にさせてしまうので、整理も大切です。
ホールドアップ強盗が入ってくるので不用意に扉を開けてはなりません。
スパイダーマンの様に外壁を伝って窓から入ってくる強盗も居る様です。
現地でホテルに泊まる=金ヅル!と言う事です。

コンビニ

セブンイレブンが多くあります。しかしここはフィリピンです。
何が違うかと言うと、お店ごとに値段が違います。長期滞在したい場合は値段を見ながらコンビニを探すのも面白いかも知れません。
移動には危険を伴う地域もあるので観光ではそんな事しないと思います。

お金

通貨はフィリピンペソ、表記はPHPです。
空港や銀行では割は悪いですが安全です。
町中に大量に両替屋さんがあって、割が良いです。但し!故意的な計算ミス、そして偽札を渡されたりと安全性は低いです。
通貨は最高が1000ペソ、そして500、100、50、20までが紙幣、10、5、1が硬貨です。1ペソの半分の50センタポと言う硬貨も有るらしいですが見ませんでした。

私はハイアットカジノの前(セブンイレブンの隣)の両替所で日本円からペソに交換(割と不正が少なく、まともに両替してくれますが100%安全ではありません。目の前で枚数を数えて渡し、貰った金額もしっかり数えてから去るなど対応してと言う事です)
3880ペソの提示でしたが3900にして頂戴と言ったらokしたので両替
1万円札のみ両替してくれます。
3万5千円を両替してくれと言うと5000円は出来ないと突き返されます。
5000円札を2枚持っていても両替出来ないと言う事です。
帰り前にペソから円に交換
3995ペソで1万円の提示
こちらも1万円札に交換できる分だけの両替をしてくれて、未満の分はペソで戻ってきます。

1000ペソに付いて
カジノ中心で行く方は問題ありません。カジノに行かない方は1000ペソの使える場所が限られてきます。
ショッピングモールやコンビニでは1000ペソが使えるところが多い。あくまで多い!です。
私は今回10万を39000ペソにして全部1000になってしまったので1000ペソ1枚を小さい紙幣にしてと言ったのですが両替所で断られ、隣のセブンイレブンでに行ってコーヒー1本25ペソで1000を出したらお釣りが無いと言われ困りました。
追加で色々買って150ペソほどにし、隣のレジにいったらお釣りをくれました。店員は男女いましたが、女性店員は日本と比べても感じが良かった。(顔の事では無く対応ですよ。)

一般生活では1000ペソは結構使えない紙幣です。
タクシーで1000ペソを出すとお釣り無いからダメと言われます。500でも断られる事があります。従って重要になってくるのが100ペソになります。(又はそれ以下)
カジノに行く方は逆に1000ペソを出していくのが普通です。

町中で両替した方は偽札に注意して下さい。ハイアットはあまりチェックしていませんでしたがソレアは結構厳しく偽札をチェックしてました。偽札かなんて解らないので、もし偽札が発覚した場合どうなるのかとドキドキします。

チップ

チップ文化があります。気持ち、心付けです。
アメリカでは結構%がしっかりしていましたが、フィリピンは結構適当です。
大体ですが20ペソ基本かと思います。
ベッドメイキング 20ペソ
ホテルマン荷物運び 20ペソ
タクシー止めてくれるホテルマン 20ペソ
タクシー運転手がバッグ出し入れ 20ペソ
こんな感じですかね。更に
乞食が色々案内してくれますが、基本勝手にやってるのであげない。とても役にたったと思ったら少しあげれば良いのでは?と思います。
カジノでは色々チップをくれと言ってきます。何度かカジノに行った事がある方だと大体の感じが解っていると思うので大丈夫かと思います。
自分のタイミングなのでクレと言われてもあげなかったりします。現地の人もカジノに混ざってますが、現地の人は基本的にチップを出さない人が多いので、貰えそうな人から気前よく貰いたい。気持ちは解ります。
6人位ディーラーさんと仲良くなりましたが、移動の時のすれ違いで、貰ったチップを入れる箱持ち歩いているのですが、それを振って耳に手を当てて何も聞こえないみたいなジェスチャーをしてきます。しょうがないなと思ってそのディーラーと遊んでチップあげます。私は結構ディーラーにチップあげるタイプかなーとは思ってます。
その後、テキサスホールデムで今回ヤラレだったのですが、そのディーラーがやってきて、俺がディーラーする!と言う流れもあり期待させる開き方をする等楽しませて貰いました。

たまたま行った食事処

たまたま行った食事所紹介@Dampa

シーフードレストランです。「フィリピン Dampa」で写真を検索すると色々出て来ます。動画も有ったはずです。
まずレストランを覗いて空きがある様なら買い出し、少ないなら空きテーブルを確保する必要があります。
その後レストラン前の市場で魚を買います。レストラン前は魚市場の様な感じで露店が並んでます。ぱっと見ただけですがエビ、カニ、魚は各種、アサリ、アワビ、30cm位の特大のエビも有りましたが何エビなんでしょうね。そこで色々と魚介を買います。
その魚を持ってレストランに入り、買った魚を渡し、調理方法もある程度指定できます。

今回カニは塩ボイル、エビは半分茹でてガーリックソース、半分は天ぷら、アサリはガーリックスープ、鯛は煮つけにしたのですが、調味料の関係でフィリピンでは美味しい煮つけが出来ないので、鯛をコーラと生姜(ジンジャー)で煮るよう指示してみました。しかし!そんなの美味しくないよ、不味い物は出せないと言い張って調理してくれずフィリピン風煮つけに。あとはフライドライスとガーリックライス。
最高に美味しかったのがエビの天ぷら、アサリのガーリックスープ。アサリスープにライスを入れてアサリおかゆ等。残念ながら鯛はやっぱり日本人には合わない味でした。

支払を私がした訳ではないので不明ですが、かなりお高めの金額だったと思います。9人で10000ペソ越えたような・・ただ日本人で考えて2人前位の量を食べるのが5人ほどいる状態でお腹いっぱい食べたので結構な量を食べてるはずです。ビールは一人2〜3本、フィリピンなので当然サンミゲールビール、ライトを飲んだ後ライトじゃない方をくれと言ったら無いと言われ、それでも飲みたいと言ったら何処かから買ってきたのか出してくれました。
フィリピンの定食屋などで定食を頼んで大体150〜250ペソが基本なので9人10000ペソは破格の高さです。

たまたま行った食事所紹介A singing cooks & waiters

ここはショーレストランです。youtubeに動画が沢山載っています。
シンギングコック&ウェイターの名前の通りコックとウエイター、警備員などが歌って踊るレストランになります。コック長もお玉(レードルかな)をマイク代わりに歌います。ソロ歌あり、ウエイターやウエイトレスのダンスあり、食べ終わったのを見計らってお客さんも連れてかれて一緒に踊ったりもします。
20:00頃入ったので始まっていたのですが、入った瞬間の最初のイメージは、うるさすぎる!でした。ただ暫く見ていると、これはこれで楽しい。

歌はプロ級・・ではありません。ダンスも決して上手いわけではありません。しかし、皆楽しそうに歌って踊るので見ているこっちも楽しい気分にさせられる。ここが特徴なのかなと思います。

実は!ここを予約した時に誕生日が一人いるので、予約時にハッピーバースデーサービスをお願いしていたのですが、途中でシーンとした次の瞬間、従業員が集まりハッピーバースデートゥーユーと歌が始まり自家製ケーキが出て来ます。このケーキが本人の前に着た瞬間、本人もようやく気づきサプライズイベント成功でした。
8人でイベント込みで6000ペソ弱。高めのレストランですが楽しめる場所です。
基本的に音が止まらないので雰囲気が嫌いな方も居ると思います。

フィリピンカジノ

ソレアカジノ

日程的と危険性を考えてホテルから30歩のハイアットが中心になるのは解っていました。そこで基本的に見学中心でソレアを見てみようという理由でソレアに行きました。
また一緒に行ったメンバーにカジノ初が多かったので、ハイアットに無いクラップスを全員で体験しようと言う目的もありましたが、これは埋まっていて達成できませんでした。

ソレアはスロットメーカー、アルゼの岡田社長が関係しているカジノです。
ラスベガスでもウィンラスベガスで出資していますが、その時の契約でフィリピンにこのカジノを建てたのは契約違反になると言って揉めてますね。かなり裏金を渡してこのカジノを建てたのではないかと言う疑惑も反感を買ってしまったり、大変ですね。
ミニ噴水ショーがありました。

中でクラップステーブルがすぐ見つかったのですが1テーブルしかなく、埋まり気味で3人は入れましたが後の人はプレイできず。また偶々とは思いますが老人が多く盛り上がらないクラップスでした。

行った時は月曜の夕方でしたがバカラはミニマム1000ペソ、ブラックジャックやポントゥーンに300ミニマムがありましたが埋まっていて座れず、みんなで遊ぶ目的は崩れ去りました。たまたま300BJが2席空いたのでBJ初体験者2名を座らせて私が後ろで説明する。30分ほど遊んでソレア終了!
フィリピンでは大型カジノになると思いますが、ラスベガスを基本とすると1/3〜4位のカジノエリアだと思います。ちなみにソレアはフィリピンの大型カジノの中では小さい方です。
プレイヤーズカードを作ると利用でポイントが貯まり、そのポイントを消費して色々頼むことが出来ます。
ちなみに日本人ならかなりラフな格好で入れると言う噂が有りましたが、ランニングで入ろうとして仲間が拒否されてました。ビーチサンダルに近い靴はokでした。

ハイアットカジノ

私の今回のメインです。正確にはカジノフィリピーノ・ハイアットマニラだったと思います。ネオンはカジノフィリピーノになっていました。
2階、3階がカジノで3階はハイレートとVIPです。
2階でまずプレイヤーズカードを作り(この時点では紙切れに私の名前が書いてあるもの)あとでカードになるはずですが、カード貰う位まで居ないかなと思っていました。実際もらえませんでした。

まず一言!チップは手垢でペトペト。くっつきます。汚いです。
バカラでは絞れるのですが、面白いのが奥の方で絞って曲がったカードにアイロンを掛けて伸ばし、また箱詰めしている作業が見られます。しかも6人ががりの人海戦術。見ていて笑えます。でも真剣にアイロン掛けているので笑っちゃだめです。

2階テーブル詳細(うろ覚え)
ブラックジャック      1テーブル ミニマム500
ポントゥーン        3テーブル ミニマム500
3カードポーカー      1テーブル Anteミニマム300 Pairplusミニマム100
テキサスホールデムボーナス 3テーブル Anteミニマム250、ボーナスミニマム100
                    プログレッシブ50固定
ルーレット         2テーブル ミニマム100 ルーレットはしない。
大小(Sic-Bo)        1テーブル やってないので不明 調査不足。
バカラ(super6)       大体20〜25テーブル位 ミニマム200 
   (200テーブルは1台あり絞りなし&禁煙、絞りたい場合は300以上のテーブルで!)

スロットは大体200台位、今回プレイせず。

月曜日は見学と移動がメインなので火曜日の0時位からプレイ
その時点でほぼ全テーブルがオープンしていましたが5:00位で3エリアほど閉鎖(1エリア8台)していました。
夕方から深夜は混雑して日の出から夕方位までは割と少なめでした。

最初入った時点から異常に混んでるなとは思っていました。座れないのに3エリアも閉鎖しているので、とにかく座れない。ただこの混雑の意味を私は只知らないだけだった・・
実際には混雑してないんです。後ほど・・
あとは日本人では無いアジア系が多いですが性質が悪いですね。これはどこへ行っても一緒なのでしょうか。キレるキレる。ディーラーのせいにするし、他のプレイヤーのせいにするし、余り近づきたくない人達をちょくちょく見ます。

さて私の今回の一番の目的は
@初体験ポントゥーンを味わいまくる。
A余りプレイしないカリビアンスタッド又はテキサスホールデム、パイゴウ等で少し長い時間過ごしてみよう。(カリビアン、パイゴウが無い様だったので今回はテキサスを頑張ってみました。酷い有様になりましたが・・)

ちなみに私ですが
バカラは苦手(自分の基準が出来ていないからなのか、攻め処を見つける事が出来ないでいる。タイなどを除くと1:1配当が基本なのも面白みを感じていない部分だと思う。)基本的に絞りも苦手
更に私は電子掲示板表示も苦手ですね。今回そう思いました。罫線自分で書きたい。

ブラックジャックは大好き、特にディーラーが気分に乗ってくれる時は大好き。
スリーカードポーカーも2枚がペアだった時に3枚目をゆっくり開いたりする経過が楽しいので好き。
勝ち負け優先では無く1ゲームごとに途中や結果に一喜一憂するのが楽しい。これで絞りが出来ればバカラも面白くなると思うのだが、カードを曲げると言う行為がそもそも性に合わないのかなと思っている。
カジノキチガイですが、楽しみ優先で総合的にそれほどギャンブラーではない所も特徴です。

さて!まずAテキサスホールデムボーナスですが、今回大きくやられてしまいました。
助けて!と言う状態です。ディーラーは大抵のテーブルで2名が交互に来ます。
今回1名は良いのですがもう1名がスペシャル過ぎる。
3時間でハンドボーナス2回(確か低いペア)低いペアはボーナスと言うのか?と言う状態です。まずAが手札に有ったのが0回。つかんぽの極地でしたね。このディーラーさんにはミステキサスホールデムノーボーナスの称号を上げました。もう一人のディーラーさんでは役が出ます。
一度だけアツかったのは手札ダイヤのAJでボーナス20倍、そして最初の3枚がダイヤのQK2、2じゃなくて10だったらプログレッシブ150万ペソ(2日ほど前に誰かが出した様で低かった。)AJボーナスとフラッシュで配当あったりしますが、ディーラー変わってミスノーボーナスの時はほぼ配当が無いのでやられまくる!泣きそうでした。
やらなきゃいいのに今回の目的なのでやってしまいました。これは困ったと思いつつスリーカードポーカーをやったら、初体験!スリーカードポーカー20連敗。
こんなに遊べなかったスリーカードポーカーは初めてです。こ・・怖い。

結局ブラックジャックで取り返しますが酷い思いしました。
翌日ミスノーボーナスが居たのでリベンジと言って勝負しましたが、再びボロ負け。
ちょっと恐怖な結果になってしまいました。あまりにボロ負けしました。
これは後で記載しますがミスターライアーディーラーの称号を上げた人が俺が変わってやるぜ!とテキサスにやって来てちょっと戻しました。ミスノーボーナスには立ち直れないダメージを食らいました。

さて!なんかディーラーさんに色々称号つけてますが、フィリピンのディーラーさんは結構ノリが良い人が多い。最高に楽しかったのが最終日のポントゥーンのディーラーの一人なのですが称号ミスターエンジョイです。
ちなみにミスターライアーは私がブラックジャックでしっかり数見ているのを理解した上でバストした時にオーソーリー21などと嘘を言ってきます。ユーライアーと言ってあげるとheheと喜びます。
ラスベガスもモンテカルロやバリーズ等の中クラスカジノに結構楽しいディーラーが多いのですが、ここまでこちらの一喜一憂に乗ってこないですね。ハマります。

ここからが本命ポントゥーン!
フィリピンの中でもポントゥーンのルールが色々あります。
私が居たのはpagcor(政府運営のカジノ公社)系のハイアットカジノです。
このハイアットの特徴はBUY(バイ、ブラックジャックで言うダブルダウン)が3回までできます。2枚のカードが有り、1枚追加する時にバイしなかった場合、その次はバイできません。ただカードの状況でベットを増やせる特徴があります。
どうやらハイアット以外はバイ1回が基本の様です。

その他での特徴は(ハイアット以外は違うルールかも知れません。)
・678同一スート(絵柄)で1.5倍?
は出なかったので不明。他の人がやった時に1.5倍だった気がするので1.5にしておきます。
・5カード21 
5枚目を引いた時点で21になれば配当1.5倍、基本狙わないので成功は1度のみ

その他でブラックジャックと違う点
・プレイヤーが21になった時点で配当がありゲーム勝利、後でディーラーが21だろうが先に配当が貰える。
・インシュアランスは配当5/2
何枚引いた後でもビジネス(サレンダー)できる。従ってブラックジャックではディーラーが10だったりするとまずサレンダーを全員聞いてからスタート、右の人から3枚目のヒットorステイを聞き始めた時点で誰もサレンダーできないが、ポントゥーンは右の人からヒットorステイorビジネスを聞いていく手順になる。
ディーラーが10の場合でプレイヤーが7+4、そこからバイで3、ヒットで3→ビジネスと言うパターンが結構ある。
・ディーラーはブラックジャックの場合17以上ステイだがポントゥーンの場合17だけ違う、ハード17はステイ、ソフト17(Aが手札にある17、A+6など)はヒット、18以上が完全ステイになる。

ポントゥーンとブラックジャックの違いは何かと言うと一番感じたのは配られた2枚のカードからの可能性の違いだと思います。基本的に10が無いだけなのですが、やってみると意外と変わります。
ブラックジャックで、例えば自分の手札が5+Kでディーラーが8だとBS的にもヒットになります。そして「予想通り」絵札を引いてバストします。ブラックジャックは展開が予想からあまりずれないんです。
しかし僅か10が無いだけで展開が大きく予想から外れて来ます。逆にディーラーも予想から外れるので怖いのですがこれが異常に楽しい!

プレイする前は10が無いだけでブラックジャックよりハウスエッジ高いしそんなに変化の無いゲーム性だと思って居ましたがここまで別物だとは思いませんでした。
ブラックジャックよりアグレッシブに攻めると言うのは情報を得ていましたが、実際にやってみてアグレッシブに攻めている内は当たり外れはあっても結構いい結果が出ます。
ずっとやっていると稀に弱気の虫が出てくるのですが、このポントゥーンは弱気の虫が出るといい結果が出ない上に面白くないと伝えておきます。

私のポントゥーンのページにポントゥーンのBSが載っていますが全く参考になりません。すいません。あれは参考になりません。
私が実際にプレイした上で感じたベーシックでは無い個人ストラテジーをポントゥーンの一番下に追加します。こちらは参考になると思います。しかし計算上の最適戦略ではないので参考として扱って下さい。全く違うストラテジーになります。

結果報告
スリーカードポーカー -25000ペソ
テキサスホールデム  -70000ペソ
バカラ        -5000ペソ
ブラックジャック   +20000ペソ
ポントゥーン     +70000ペソ
チップ        -6000ペソ位(4000位はミスターエンジョイにプレゼント)
合計 -16000ペソ位
テキサスが痛い。

ハイアット色々
※ここから先は個人的なプレイ日記ですので見なくて構わない部分ですが、暇な方は見てください。カジノでの女性に関して、なぜ満席が多いのか等も書いてあります。

さて一時期4000ペソまで落ちて最終日17:00で財布が空になるかと思いきやブラックジャックで20000に増やしてポントゥーンで60000に増やして弱気が祟って30000に減らしてまた70000に増やしてと結構な展開がありました。
この17:00頃から0:00まで!ブラックジャックとポントゥーンで奇声を上げまくり申し訳ございません。我を忘れて楽しんでました。ポントゥーンは奥の方にあるのですが入り口までおおおお、わああああ、ぎゃぁぁぁなどと聞こえた様です。楽しかったです。すいませんでした。

まず4000ペソしかないので最後に使うならブラックジャックかと思い、丁度誰も居ないブラックジャックで2000ペソを出して100ペソチップ20枚でゲーム開始。
ゲームを始めて2プレイ程で勝ち負け勝ち負けと来ていたが、ディーラーの手が良いので2点掛けに変更。
ギリギリ冷や汗もので勝ち負け勝ち負けが続いたあとディーラーの手が悪くなり連勝、2点掛けのまま掛け金500から1500に増やして更に連勝、人が寄ってきて一気に満席、右から2番目の席に座っていたが、右に座った女性が超好み(はぁと)いやいや、ここでそんなこと考えていたら負けて終わる・・・あれ?
座って満席なのに誰も賭けない。私以外女性だらけ、まぁいいや
と思って更に2連勝、ここからが大変です。

現地の人は流れを変えない様にしているのか、自分でカードは引かずに私の賭けている2点掛けに上乗せで追加ベットしてきます。これが名物バックベットでしょうか!
500ペソがミニマムなので100ペソを上乗せするなら、この人達は500掛けるのがキツイのかなーと思います。そういう人もいますが思いっきり1000乗っけて来るなら自分でやれば?と不思議な気分でやってました。ただ私はここから勝率8割レベルの高勝率で推移します。
テーブルには後ろに居る人も含めて12〜13人、実際にカードを引いているのは私だけ、みんなが私の所に上乗せベットし、ピクチャーピクチャーと言いながらディーラーが絵札引いてバストしてみんなで大喜び、勝って両隣とハイタッチ、これが続きます。
大騒ぎタイムの始まりです。いやーしかし右隣の娘かわいい(ロシア〜西側系の人っぽい)!左隣は凶暴な顔したオバタリアンでしたがめっちゃ笑顔でした。1時間位して負け始めた時点からオバタリアンが態度急変するまでは楽しかった。
負け始めると超ブチ切れて去っていきました。
ペアベット(配られた2枚のカードが同じなら配当10倍)スプリットパターンで配当と考えて下さい。ここに掛けまくるんです。あまり出ないのでここに大量に掛けるとまず負けるのですが掛けまくってるんです。従って私はそんなに減ってないのにオバタリアンはペアベットの影響で少し負けるとチップが無くなってる。そしてブチ切れる。大変です。

その後すこしグダグダと上下したのでブラックジャックをやめてカジノを一周。私を含めてあまりに騒いでたので観戦者も大量にいましたが全員チリジリに。

トイレに行き仲間がカジノに居ないかスロットなども見てみましたが誰もおらず。
一周した時点でブラックジャックに新しく人が座ってポントゥーンがスッカラカンになっていたので、あまり意味は無いがゲン担ぎで右から2番目に座って2点掛け開始!
10分もせずにテーブルが埋まった上に後ろにも1列出来て大賑わい、しかし掛けるのは数名。右にはなんと!さっきのかわいこちゃん!続ご満悦。
しかしみんな付いてくるなと思って周りを見渡した瞬間、私にウィンクが飛んでようやく気づきました。
私以外全員女性でしたよね。
噂は聞いていたのに忘れてました。この何も掛けないのに私の近くで観戦している女性たちは、ほとんどが私の金が目当てです。恐らくナンパでもすればすぐ乗ってきます。お持ち帰りも出来ると思います。
だから勝っている様な人の周りはハーレムになってます。そしてテーブルは埋まってないのに女性が座りまくるから席は埋まってしまって入れないんです。
稼働率4割で満タンになります。
良く見るとどのテーブルも見学者が大量で椅子に座ってしまうので空いてないだけで、実際にプレイしている人は少なかったりします。この状況はカジノ側は大変ですね。買われたい女の子をかき分けてテーブルに座れる様な人でないと、とても座れません。
ディーラーに座りたいと言うと女の子除けてくれます。
女の子達が途中でミーティングタイムと言って別の所で話して戻ってくる事が何度かありましたが、恐らくどうやったら私を落とせるかを話し合っていたのではないかと思います。そんなミーティングすんな!

話は少し戻して、やっぱり右隣りの娘はカワイイなーと色々考えてしまいます。仲間が何人か来ましたが、右の娘超イイ!と言って帰って行きます。誘ってみると言う選択肢もあり!でも私はカジノで遊びまくる!私はカジノをする時は基本的に女遊びはしません!従って私の周りに居ようが何もありません!でも英語わからないのでそのままにしとく!
右隣はハイタッチしたいので居て頂戴!決まりっ!AKB(流行り始めた頃)に好みが一人も居ない私がカワイイと言うのでかなりのレベルでっせ!。

さて気付いてしまった事から多少色気に心を奪われそうになりましたが、ここから盛り上がりがピークを迎えて行くのであった!

ブラックジャックで盛り上がったのに更に盛り上がったのはなぜか、ここでミスターエンジョイが現れます。最高に盛り上がったのはディーラーの差です。ディーラーの手が良くなってしまった時はサッと流し、バストの時はカードを引いて見たあと開く前にわざわざ眉を潜めてahhhhhなどと言っておきながら溜めて溜めてバストするのでこちらも大盛り上がりです。
勢い的に固定パターンになってしまったのですが、ディーラーがバストすると私の周り15人位で一斉にワーと盛り上がってアーイって言って右隣とハイタッチ、アーイって左隣とハイタッチ、アーイってディーラーとハイタッチ、アーイってチップ100ペソをディーラーにプレゼント。4点セットです。
観戦者も含めて全員楽しすぎてどうしようもない輪が出来てました。
ディーラーも大笑いしてました。
2000ペソの2点掛けプレイなので100ペソはもう要りません。しかし!パターン化でディーラーに100ペソあげまくるので100ペソが無くなった瞬間ミスターエンジョイは100ペソ要る?要るよね?コレハコマッターヨウイシテアゲナイト(棒読み)みたいな事してきて私が「当たり前だ」見たいにするかららまた盛り上がる。
結局この流れだけで4000ペソ位ディーラーにプレゼントしたのですが、チップはゲームを楽しませてくれてありがとうと言う心付けなので4000でも足りなかったかなーと思う位気分よくあげられました。

この流れを止めた人が居ます。なんとオバタリアン。
あちこちで負けてきたみたいでキレキレモードで人をかき分けて入ってきたと思いきや一気に連敗モードに突入!あまりにも負けるのでやめました。
でもトータル的に私のカジノ史上最高に楽しい瞬間でした。

こうやって考えるとまたフィリピンに行きたいなと思います。
そしてポントゥーンするならハイアットの3回バイできるポントゥーンがおススメです。

追記
日本に帰ってきて喉が痛いです。どんだけ大声を出したんでしょうか。急に恥ずかしくなりました。

夜の楽しみ

女遊びしない男の歓楽街情報

フィリピンと言えば女性をイメージする方も多いと思いますが、私はカジノ>>女遊びなのでカジノがあるとはまり込んでしまいます。大勝したら解りませんが。。
そんな遊んでない男の歓楽街情報です。
遊んでないので未確定メインです。

エルミタ地区の宿泊でしたが、ホテル周りにはKTVが多く、女性が道路脇に立ち並びます。
・KTV
キャバクラ+カラオケ
1時間500〜1000ペソ程度の様です。指名料等は別途かかります。
当然ボッタクリもある。
エルミタや空港側パサイ方面では日本語が解る女性も多い。
基本女の子を連れ出す事は出来ないが交渉によって連れ出せる事もある。

・エドコン(Edsa International Entertainment Complex)
エドコン、エドサ、EIEC等と呼ばれる。
ゴーゴーバー6件ほどの集合体。お持ち帰り専門エリアです。
入って出るだけならタダなので見学だけしました。
女の子達が大抵はビキニでポールダンスを踊って身体をアピールします。フィリピンでは分かりませんがタイ・バンコクでは半分は性転換した元男が混ざってます。
気に入った娘を席に呼んでお話→お持ち帰りと言う手順になります。
20:00位?に開店し1:00には閉店し、売れ残った娘はLAカフェ等に向かいます。
感じの良い子は早く居なくなって行くので遅く行くと妖怪のたまり場みたいになります。
相場を聞いておきました。ビール150ペソ、席に呼んだら女の子ドリンク大体300ペソ
お持ち帰りはお店に1950ペソ チップはショート3000ロング5000
めちゃ高い

・LAカフェ
フィリピンに行く10日程前にオーナーが射殺されて不安が残りましたが普通にオープンしてました。有名な場所と言う事もあるのかパトカーがLAカフェ近くに常時いる感じでした。
ここは24時間営業のナンパバーです。お持ち帰りして欲しい女性が集まるのでナンパと言って良いのかは解りませんが・・交渉バーですよね。
女性だらけなので中に入って漁ります。漁ると言う表現が適していると思います。
相場は1500〜3000ペソ程度と思われ、それ基準にして交渉、値切りします。
LAカフェ前はタクシー、警察も含めて超危険エリアなので行動には細心の注意が必要です。

お国柄

今回は知らない世界を感じると言う勉強目的もありました。
フィリピンでは学卒でマクドナルドにようやく就職できて日給300ペソ程度と言うのが庶民の給与状態です。マクドナルドはセルフサービスですが、スタッフは良く動き働かないとすぐ解雇されます。その為結果的にサービス的でセルフっぽくなくなっています。セブンイレブンでも店員の感じが良いと書きましたが、すぐクビになる上に、職が無いのでクビになってしまったら彼ら彼女らは乞食になるしかない。
男は乞食で観光客に勝手に案内するか強盗になるか、女性は体を売るか強盗になるかです。そうなりたくなければ一生懸命働くしかありません。そこに感じの良い店員が生まれる根拠があります。これと比較してしまうとコンビニの日本人店員は質が悪いですね。
彼ら彼女らは人生を掛けて一生懸命働いています。そんな一面が見えれば日本へ戻ってきて自分が抱えている問題の何と小さい事か。そんな勉強が出来る国でもあると思います。

フィリピンでもタイバンコクでもそうですが、お金の力で大抵の事は出来ます。
感じの良いセブンイレブンの店員は過去500ペソでホテルまでやって来たと言ってました。ショップの店員でお気に入りが居れば金額交渉で大抵は何でもできます。
たまにはそういうクズになって見るのも人生経験としては良い経験かも知れません。
そう言う悪い所も良い所もしっかり勉強として自分の人生に生かして欲しい。

管理人のお店
2016/12開業
apple製品、携帯ゲーム修理他

↑クリックしてやって下さい↑

広 告

管理人のブログ
HP更新情報

管理人プロフィール
自己満足な内容に
なってしまったので
見ないで下さい