カジノテーブルゲームの基本

最初は間違ってもしょうがない!

初めてテーブルゲームで遊ぶ人に間違うなと言ってもなかなか難しい面もあると感じています。
私も一回目はブーイングされて意味が解らなかった。
ゲームの流れなどでマナーがあります。

ディーラーさんに両手広げて「ダメだこいつ」アクションされた事もあります。
チップの感覚も全くない、遊び方は一応覚えた、マナーは体験してないので解らないのが当然だと思います。
私もど素人から少しづつ覚えてきた一人です。
知ってる人が居ると最初は教えてもらいましょう。

でも今ではどこかのページに書きましたが、日本人のカジノマナーが良くないなんて書く位にはなったと思います。
悪い経験を皆さんにもして欲しくないと思い色々と記載して行きたいと思います。

マナーの悪さをディーラーに注意されて無視し、日本人なので教えてあげても逆ギレする人も多く、トホホと思うのでこちらも辛い面があります。
そんな日本人にならない様になって欲しいなと思います。

テーブルから出さない

ゲームに使うカードやサイコロをテーブルから外に出してはいけない。
これは注意ランキングが高いと思います。ついやってしまいがちです。

テーブルの大きさからそのまま上下に境界が伸びているとして、その範囲からカードやサイコロを出してはいけません。
不正防止から考えると当然だと思いますが、カードを見た瞬間、うわーと仰け反ったりする人がいます。
その瞬間出てます。
癖がついていると中々難しいですが、直しましょう。

女性などと着席して斜め向いて座る方がいます。こういう方は基本的にカードを持ったら斜め向いてるのでカードが出ます。座り方自体を注意されることになると思います。
・不正への対応
・カジノテーブルには録画付きカメラが付いていて(通称ゴッドアイ)、何かあると録画から点検する。その録画できない所にカードを持っていかない。

カジノ経験者でディーラーがチップを渡す前に何かチップを積んだり崩したりしているのを見ると思います。
あれはカメラに映る様にチップを縦に4枚づつ並べて4枚以上の時は横に列を作り、1列が4枚である事をカメラに映し、戻してからお客さんに渡すという手順を踏んでいるからです。
このカメラも関係するので注意を無視すると遊べません。

触らない

一度チップを置いてゲームが始まったら触ってはいけません。触ると言うよりは手を延ばす事自体やめましょう。

ゲームの開始はどこかと言うと、ディーラーが全員のベット確認してカードに手を伸ばした時点で始まってます。
あとはゲーム清算に入ってディーラーからチップを差し出されるまで触れません。

もう一つ、カードに触ってよいカードゲームと触ってはいけないカードゲームがあります。
触ってはいけないゲームでは触ってはいけません。当然ですね。
ブラックジャックでも6デッキは触ってはならず、1デッキ2デッキは触ります。
(ブラックジャック他テーブルゲームの遊び方を参照してください)
ブラックジャックで1デッキから6デッキへ移動すると、つい手が伸びますが注意しましょう。

尚カードやサイコロに触る時に両手を使わないと言うのもあります。
不正防止です。
カードに触る場合は片手で持つことになります。

隠さない

カードを隠さない。それは当然でしょ。でもまだあります。

手持ちチップを隠すのもダメです。私はテーブルに片肘つく癖が一時期付いてしまいました。
その片肘から腕を横に倒すとチップが隠れてディーラーさんに注意されました。

一度かけたチップを後で手が良いから隠れて増やそうと思う人がいてもおかしくありません。その為の対策です。

うわーと前かがみにテーブルに伏せる人がいるかも知れません。これカメラから何かを隠そうとしたと思われます。そう!テーブル側に体を入れるのもダメです。手だけ!

携帯電話

テーブルゲームでは携帯電話の電源を切るのがマナーです。
電話を取り出した瞬間注意されます。
瞬間的に写真取って不正に使われない様にする為です。

電話で喋りながらゲームできません。これも不正対策です。
そうなるとゲームの途中で電話が来ても出る事すらできません。
それなら電源切っておくのが良いと思います。

不必要な物は置かない。

テーブルにチップ以外の不必要な物を置かない様にしましょう。
全部不正防止です。

レートのチェック

ラスベガスのストリップ通りの昼間のレートは大体ミニマムベット5〜20ドルです。
500円から2000円位ですね。
嫌じゃーもっと低いレートがイイーって方は、今もあるかは知りませんがダウンタウンに小さな1ドルカジノがありました。
有るか無いかは旅行会社に聞くのが一番ですね。

さてこれは昼間です。夜になるとレートが上がります。
一般的にはミニマム20〜100位に上がります。
探せば10ドルもあるかも知れませんが探すのに一苦労します。

私の様なカジノバカは夜になると20ドルでも遊びます。大波のゲームだと上下激しいですが、1勝1負けペースの小波ゲームでミニマム基本で遊ぶと大きく動かないので20ドルでも結構遊べます。

カジノバカじゃない人に20ドルは一般的に大きいと思うんじゃないかな?と思います。
観光とカジノの予定を考える時にどこでカジノに興じるか参考にしてもらえば良いと思います。

シャッフルチェック

デッキ数の多い物はシャッフルに時間がかかります。皆さんトイレに言ったりするのですが、プレイヤーが一人残ってシャッフルを見ていなければなりません。途中でプレイヤーがカードを切ったりします。まだプレイする予定でシャッフルが入った時にトイレに行きたい場合は先に行ってしまいましょう。ちなみにシャッフルはチェックする必要はありません。居るだけでok
カードが曲がったりでカード交換が入る時も有りますが、ディーラーがツカンポだと流れを変えようとして頻繁にカード交換が入ります。カード交換時のシャッフルは長くなります。負ける時間を減らす目的もあると思います。面倒ですが見てあげましょう

機械シャッフルが増えています。私は機械シャッフルが好きではありません。機械シャッフルでは使ったカードが機械に入って次々自動でシャッフルされるので止まらずにゲームが続きます。こんなカジノ増えてますね。
シャッフルが入るとクールダウンできます。短期で集中的に遊びたい方は機械シャッフルで集中的に遊ぶ。
みんなが朝起きて観光しに行って戻って寝て次の朝起きてカジノに行ったら同じ席に同じ服で外見的に1o髭が伸びてた!なんて人もいます!私の知り合いだけで3人ほどいます。そんな人はクールダウン様にディーラーシャッフルを選んでアツくならない様にしてみてはどうでしょうか。
この場合、機械か手かは恐らくホテル毎に違うので、カジノホテルを移動する事になってしまいます。

ツイてる人についていく、ツカンポから逃げる

ツキなんて結果論と言う人は関係ありません。
ツイてると人が集まってきます。あやかろうとするんです。バカラ等で悩んだ時はツイテそうな人と同じ所にベットします。カジノではこんな技も使います。

たまたま私がブラックジャックでツイてた時ですが、席が埋まってきます。そこに一人の男性が入ってきた途端に全員ボロ負けが始まって速攻で私が席移動、しばらくすると同じ席に居た人達が何人か同じく移動してきます。そこへ一人になってしまった最後の男性がまたやってきます。その瞬間みんな負け始めて散り散りに逃げる。
ツカンポはツイテル人を追いかけツイテルよりもツカンポのパワーが大きくてツイテル人は逃げまくる。こんな追いかけっこもあります。近くのテーブルじゃなくて遠くへ逃げるしかないと言う!

チップは難しい

ディーラーへのチップは難しい。周りの人がどんな時に渡しているかよく見て覚えるしかありません。チップのルールは存在しないので感覚的に覚えるしかありません。
ディーラーが居る事でゲーム出来る事への感謝がチップなので負けたからあげない!では無い所が日本人には掴みにくい所だと思います。

バカラで注意して欲しい事!チップでは無くコミッションと言うのがあります。負けてコミッション払えないが通用しない事を覚えておいて下さい。
日本人はバカラにハマり易いのでチップ関係ありませんが敢えて記載しました。

管理人のお店
2016/12開業
apple製品、携帯ゲーム修理他

↑クリックしてやって下さい↑

広 告

管理人のブログ
HP更新情報

管理人プロフィール
自己満足な内容に
なってしまったので
見ないで下さい