まぁじゃんヒャクジャン 全く新しいセルフスタイル雀荘

はじめに フリーにする?セットにする?

フリー雀荘とセット雀荘では売上が全く違います。人件費も全く違います。
俺は麻雀がしたい!「毎日でも」打ちたいからと言う方はフリーを選ぶのでは無いでしょうか。
逆に知り合いと「たまに」に打つ程度と言う方はセットにして店内に友達集まって打っても良いと思います。
ほとんどの方は麻雀が好きというキーワードがあって雀荘を始めると思います。

ここでは簡単な例を元にフリーとセットの差を紹介します。
フリー雀荘の場合
フリー雀荘の人件費 常時3名+2交代位+自分で7名 休日などシフトを考えると8〜10名位でしょうか 多めに10人で計算します
10名×給与30万=300万が人件費 
家賃は駅に近いほど高くなる、首都圏の駅付近で月100万位、離れると30万〜40万+水道高熱費
会社の利益含めると400万位は最低でも売り上げたい所です。
セット雀荘の場合
セット雀荘の人件費=自分の給料 年中無休等にしたい場合はアがルバイト等を利用する。 仮に人件費合計50万としましょう。
家賃+水道光熱費はフリーと同じです。
とすると80〜100万位の売り上げが最低限欲しい所です。

最低限欲しい売上で4倍差が出ましたね。かなり大きい差です。
フリーってそんなに売上必要なのかって思うと思います。
当然混み具合にも依ると思いますが、スタッフに出した一人当たり給与30万の内、10〜15万位が場代として売り上げに戻ってきます。
もう100万位は見込めそうです。
フリーは麻雀好きが個人(一人)で遊びに行ける場所なのでセットと比較して断然顧客が多い。土日はもちろん平日でもお客様が集まり易く売り上げが上がります。

一方セットのみの雀荘は3人又は4人集まらないと来てくれません。昔はサボリーマンが多くいましたが、最近はどこも厳しくて営業を遊ばせないので昼間はお客様集まりません。夕方又は土日が売り上げの大半になってしまいます。駅から離れると顧客も減り一階が喫茶で二階が雀荘、経営者が一緒など色々と複合にしないと厳しい所も多くあります。
逆に複合にして雀荘側が「ついで」と言う考えもあります。

他にも特徴の差があります。
@フリーは売り上げが乱高下し、セットは安定しやすい。
Aフリーは開店アピール等で早めに顧客を集める事が出来る、セットは何をしてもスッカラカンスタート。
まずフリーでは開店イベントで場代下げたりした場合、フリー顧客にとって場代は大きなファクターになるので嬉しい知らせになります。
開店で手を抜いたりしてくれないかなー弱いスタッフが居るかも知れないなど思ってくれるので様子見に来店します。
射幸心を煽るのは風俗営業では禁止事項になるのですが、開店したというアピールさえシッカリしておけば勝手に煽られてくれる。
一方セットの場合、顧客は大体行く場所が決まってます。そこのマスターと知り合いだったり話しかけやすい、雰囲気などが大きなファクターになるので知らない所には足が向きにくいのです。
従って開店アピールしようが何しようが、基本足が向かない。ただ流動顧客と言うのも居ますし、安さ、サービスなどアピールポイントがあった場合、来店される事があります。
その来店者が重要!そこから口コミで広げてもらうしかない!従って店内でアピールできるものが全く無いセット雀荘を作ると、そのまま潰れるしかない状態です。
超激安を謳っているヒャクジャンでも3店舗になりましたが開店初日にお客様が来店した事がありません。数日たってお客様が初来店した時には、来た!来た!きーたーーーーヽ(´ー`)ノバンザーイと言う感じです。早い所で3か月、立地が悪いと1年位かけてペイラインにようやく乗ると言う感じになります。立地が大事です。

さて開店から年月が経ちました。
セット雀荘は毎月の売り上げが多少は上下するものの、安定します。サービス低下や顧客の質などに注意を払っていれば黒字に乗ってからはほぼ黒字続きで安定します。もし赤字になっても少し自分の取り分減らせば良いので会社としては安定します。
一方フリーは!固定費が高いので大きく黒字が出たり赤字になったりと月毎に乱高下します。色々な要素に振り回されます。他のフリー店舗が開店した、等は特に影響受けます。顧客を持って行かれると一気に赤字続き等もあるので大変です。どれだけ愛されるスタッフが居るかで流出を減らしたり出来るので重要です。
スタッフの夜逃げ、イカサマ見抜けないなど資金面でも一気に持ってかれない様に注意が必要です。チェーン店等の場合、店長夜逃げされると金庫空っぽになったりするので、それも対策が必要です。

利益面では少ない利益でコツコツ安定路線の方はセット向け、厳しくなる事も多いが大きい利益が欲しい方はフリー向けになります。

まず企画しよう

まず最低限必要な売り上げが上記からセット100万、フリー400万程度です。卓数によっても変わりますが、卓数が増えると敷地を広くしなければならず、家賃が上がります。上記では家賃30〜50万程度での計算です。駅に近い立地にしたければ最低必要売上が上がります。
ここが問題なんですよね。
初めて雀荘する方は想定するのが無理だと思います。相談しましょう。

FC募集している雀荘があります。実際に出向いて聞きましょう。相談はタダです。
修理業者を探す、老舗等になってくると付き合いが広い業者がいます。彼方此方の地域的な状況も踏まえてアドバイスがもらえます。
開店サポートします等と書いてある業者が見つかると思います。業者の場合、聞き行って開店して別の業者頼むとブラックリストに入るかも知れないので注意しましょう。付き合い大事です。
聞きにいかないで俺なら出来る等で安易に進まないでください。簡単に潰れる雀荘作ってしまいます。

当たりをつける

探し物をする必要があります。(契約はまだ行いませんが相談しておく等、先に当たりをつけて下さい)
@行政書士事務所
雀荘を開店する為には生活安全課に届出をしなければなりません。インターネットに届出に必要な書類などが載っています。自分で作ろうと思えば作れます。インターネットで代行してくれる所もあります。
ただ、私は開店場所付近の行政書士に依頼する事をお勧めします。
生活安全課(以後所轄)は全国統一ルールではありません。法がある上で所轄の担当者の判断に委ねられます。従ってとても厳しい所もあれば緩い所も出来てしまいます。つまり、所轄によって対応が違うので所轄を知る人に対応してもらうのがベストだと考えます。
雀荘が出来るまでに1か所大変な場所があって、そこの対応がうまく出来るかがポイントになります。

A麻雀卓業者手配
雀荘を開店するには当然ですが麻雀卓が必要になります。そして、壊れた時に部品調達とメンテナンスをする業者が必要になります。
開店時は色々あるので少し大きめの業者に当たりを付けた方が良いです。
開店までに何度も相談する事になります。椅子やテーブルなど卓周辺設備も扱っているので全て準備してもらわなければなりません。

B借入
銀行などから借り入れする場合は、賃貸契約してからでは遅い。企画書もって銀行へ
尚、企画には当然であるが数か月の赤字分なども手配しなければならないので以下も参考にしつつ漏れの無いようにしっかり作る。

C内装、外装、電気配線などの業者
予め見繕って下さい。物件が決まってないので大体の平米予測と工事内容事などを伝えて当たった置いた方が良いです。

物件探し

物件探しが大変です。固定費になるので出来るだけ好立地で安く借りなければいけません。
当サイト色々探せば出てくると思いますが、基本的に大家さん雀荘には貸してくれません。
数をこなして貸してくれる物件を探して行くしかないのです。諦めて悪立地にしたりするのは最悪です。
場合によっては敷金吊り上げられたりします。書類色々書けなど言われます。色々用意した挙句に貸せないと言われる事もあります。
契約までは安心出来ないと思ってください。
尚、契約決まると一気に動き始めるので当たりをつけた各所とは連絡を密に取ってください。

ちなみにヒャクジャンは激安店なので特に時間を掛ける重要基盤です。激安物件で好立地で更に貸してくれる大家さんを探すのはとても大変です。平均9か月ほど掛けてます。

入居〜開店

契約で一安心している暇は無くなってしまいます。約2週間大変な状態になります。

所轄への書類準備と提出
(検査は風俗営業許可に関する届出に対して行いますが、同時に風俗営業管理者に関する届出も進めます。共に行政書士)
書類準備に1週間ほど、提出したら受理から「最短」で7日後に検査。
ここまでで2週間強位は掛かると思います。

重要ポイント:検査当日には開店出来る状態でなければなりません。
図面に書いた配置の通りに卓が並んでいてカウンター等もあり、必要な表示が揃っている。
居抜きの場合は壁なども作って開店状態にしなければなりません。
警察が来た時に、これで営業するんですか?と言われない様にしっかりと店内整えましょう。事務所等があると全て点検項目に入るので空いた部屋に物を押し詰めて置くなんて事もできません。

注意:風俗営業の許可を取った後、改造して裏カジノを経営したり不法な事をする方がいます。表向き風俗営業で裏では違う事をする。
こんな方がいるので、所轄もそこに目を光らせます。内装、バックヤードなど開店状態でオカシイと所轄に思われてしまうと後々立ち入りが入り易くなったり良い事がありません。とりあえず、ではなくしっかり準備しましょう。

掲示物で絶対に必要なものは入り口に18歳未満立ち入り禁止の表示と、店内には料金表示(場代表示)です。
開店する時は風俗営業の許可証も店内に掲示が必要です。(それを貰うための検査です)

さてここまで必要なものが大量にあります。
銀行から資金調達
業者に卓の手配
内装、外装、業者依頼
その他必要物の手配。

予め当たっておいて欲しいと言うのはこの為です。入居が決まってから手配するものが大量にあって検査が遅れると家賃を無駄に払う期間が増えるだけです。増えても良い方はじっくり進めても良いのですが、無駄としか思えません。

尚!麻雀卓を約2週間で用意するのは不可能かと思います。(どこも年間生産台数が多くない、中古だと機種が限られる)
その為、所轄には言えませんしこの部分見られたくないのですが、ダミー卓を使います。行政書士とダミー卓使えるか相談してください。所轄によってはダミー卓使えない場所があるので、そうなると卓が用意できる目途がつくまで書類が出せなくなって検査が遅れます。
この為に所轄(地域的)に詳しい行政書士の方が良いのです。
ダミー卓が使える場合は業者にダミー卓を手配してください。所轄の検査方法によって中身なくて枠だけあるダミーや電源入るダミー、動かす事の出来るダミーなどがあります。動かせた方が色々安全ですが急に用意できない時は業者がかき集めるのに条件必要です。
資金力あれば実際の卓を準備して検査した方が、卓の製造番号控えられる事もあるので安全です。しかし実際そんなに資金力あるパターンは少ないのではないかと思います。なのでダミー使う事もあります。

さて実際に検査が完了しました。
そこから「最短」で40日後に許可が降ります。何かあった場合伸びます。
許可が降りると所轄から取りに来いと電話がきます。ハンコもって取りに行きましょう。
貰った許可証を「店内に掲示」して、管理者が管理者証貰って、ようやく開店できます。管理者は1か月半程で降りると思います。

検査から「最低」40日は開店出来ずに家賃が発生する状況になります。
ダミー卓使った場合はここで入れ替えたり、内装の強化などを行いましょう。販促物は検査終わってからでも間に合うと思います。
ここで一息つけます。開店までに抜けが無いか早めに確かめておきましょう

最終的に店舗物件の契約から2か月半位で開店できると思います。フリー雀荘ではこの間でメンバーを募集しなければなりませんね。

管理人のお店
2016/12開業
apple製品、携帯ゲーム修理他

↑クリックしてやって下さい↑

広 告

管理人のブログ
HP更新情報

管理人プロフィール
自己満足な内容に
なってしまったので
見ないで下さい

リンク

まぁじゃん
ヒャクジャン

麻雀王国

麻雀王国

麻雀王国

麻雀用具アピア

麻雀用具アピア