防衛と前兆
このページは編集中です ストレスの発生以外出来ていませんが順次編集します

ストレスの発生

日々ストレスが発生します。空気、匂い、紫外線など様々です。音は結構なストレスになる様です。
大抵のストレスはその日の内に無くなります。忘れるからです。

包丁で指を切ってしまいました。とっても痛かった。傷が治りました。どれくらい痛かったか思い出せますか?
痛かったと言う事は覚えていますが、どれ位痛かったかは思い出せません。

隣の家がうるさく苦痛だった。次の日にはどれくらい苦痛だったか忘れます。

さて、思い出せない苦痛なのですが次の日もうるさかった!この時に苦痛を感じると同時に昨日の苦痛を思い出してしまいます。
更に翌日もうるさかった。また苦痛が蘇ります。この様に
「同じ苦痛」を「短い間隔で」受けると忘れて思い出さないはずの苦痛を思い出してしまい苦痛が増大します。
又、とても困った事があって、繰り返し思い出すと本来忘れて思い出せない事を思い出しやすくなります。
これがストレスに繋がっていく事になります。

顕在意識と潜在意識

脳には顕在意識(約10%)と潜在意識(約90%)があります。その辺はネットで調べると大量に出てくると思います。出て来すぎて逆に信頼できる情報(調べたいところ)にたどり着かなくて困ります。
私もその一人になっちゃいますね。でも書いちゃいます。

人間の脳は一般的に140年分位は見たもの、感じたものを全て記憶できる能力があり、全て覚えています。
その中は意識できるもの(顕在意識)から記憶され、意識できない物(潜在意識)へと変わります。
嫌な事や痛み等も全て記憶していますが、痛みなどは早く忘れる(潜在意識に押し込む)様にできています。
潜在意識へ行ったものでも切っ掛けで思い出すことが出来ます。
これは勉強の事ですが、潜在意識へ行った(一旦忘れた)物をうまく引き出せる人ほど一般的に記憶力が良いと言う事になると思います。
又、繰り返し反復する事によって潜在意識から引き出しやすくなります。

睡眠を行うと、顕在意識の情報が整理されて潜在意識に格納されていく。なんてことも言われてますね。睡眠は必要です。

繰り返し記憶して行くと言う事

勉強で言った場合、繰り返し覚えると言う事は、潜在意識で記憶された場所が何個もあると言う事になります。それによって思い出しやすくなる効果があります。匂いや音、画像など色々なものと組み合わせると、色々なパターンで思い出す確率が増えていくので記憶に利用されたりします。

さて!ここで記載したい事はここからが重要なのですが、ストレスも記憶していきます。例えば嫌な事をストレスにします。女性社員がいました。右隣の男性社員のは毎日鼻毛がすごく出ていました。おはようございます(鼻毛嫌だ)右を向くと鼻毛嫌だから右向かない
こんなものが毎日毎日記憶されていきます。膨大な量が記憶されていくのです。

例として鼻毛を挙げましたが、実際に鼻毛じゃなかったと思います。ただ、毎日毎日右を向くと苦痛と言う情報が溜まりに溜まった結果、この女性は首が右に曲がらなくなってしまった。実際にあった事例です。
無意識で思い出せない記憶にも関わらず、記憶されていて実際に体が無意識に動く。これが「癖」にもなるのですが、無意識によって通常の生活にも悪影響を与えてしまう事になります。

脳には全て記憶されてしまうのですが、睡眠の直前に考えた事は、より良く記憶されていくと言う事から、最近寝る前に良い事を考える事により人生が幸せになるなんて記事が多いですね。
癌に一番かかり易い人が癌の医師であるなんて事も言われています。寝る前に癌の事を毎日考えてしまうと、癌が現実となって体を蝕んでしまうのです。怖いですね。人間は考えた事、感じた事によって現実になってしまうのです。

さて、私のサイトは全体的に遊びのページです。(内容薄くてすいませんが・・)
遊ぶって1週間に1回位?違います!毎日です。仕事ではどうしてもストレスが発生します。寝る前に仕事を思い出してしまうと言う事は、そのストレスも思い出して効率的に記憶してしまうと言う事になります。思い出さない様にするための方策をいくつか持っておきましょう。

寝る前には仕事で発生したストレスを忘れて思い出さない様にし、楽しさを思い出して寝る。つまり仕事が終わってから寝るまでの間に、「毎日」少しでも忘れる時間、又は楽しい時間を作る事が重要です。
私はドクターストップ前は仕事が苦しかったかと言うと苦しくはありませんでした。楽しかった。でもストレスは無かったのかと言うと無い事はありません。仕事が楽しいからと言ってストレス対策を考えもせず、日々過ごしてしまったのが結局の所問題を引き起こす結果を招いたのです。

精神的疾病の方は病院から言われると思います。この病気は極限まで小さくする事は出来ても治る事は無いと!
潜在意識に蓄積したものを消去する方法は無いので、新しくストレスの無い記憶を増やして症状を小さくする方法しかないのです。
思い出し易い環境に居ない事も重要になります。

ストレスって何?

ストレスと言うのは外部からの刺激全般と言われています。つまり嫌な事をストレスと思う人も多いと思いますが、良い事も含めて刺激が全てストレスになります。
物理的ストレス 温度、音、日常的に受ける放射線など
科学的ストレス 酸素、薬品など
生理的ストレス 炎症、ウィルス感染など
心理的ストレス 感情など
残念な事に遊んでいる時もストレスが増えています。
この様な事に対し、反応してから正常に戻るまでをストレス反応と言います。後ろからワッと脅されてビックリ!心臓が高鳴ったり冷汗が出てから正常あに戻るまでの状態などと考えて良いと思います。
このストレスが増えると体と心に通常では無い反応が出て来ます。これが問題になる部分ですね。

リフレッシュ、遊びってどうすれば

遊ぶって、どの状態が遊ぶになるのでしょう。
遊びを4つに定義した人がいます。
闘争 運動や格闘技など
偶然 ジャンケン、賭博など
模倣 演劇、モノマネ、ごっこ
めまい メリーゴーランド、ブランコなど
wikiから参照しました。
ほほー納得のいくものですね。これは参加する方かと思います。ゲームなんかはどこに入るんでしょうね。ロールプレイングなどは自分が主人公を演じる事になるので模倣に入り、アクションゲームは格闘になるのか、格闘のまねごとになるので模倣になるのか判断が難しい所です。

見る方はどうなるのでしょう。上の4つを見た感じだと入らないっぽいですね。映画鑑賞は遊んではいないと言えば遊んでないかも知れません。リフレッシュでしょうか。リフレッシュは国語辞典で元気を回復する事イキイキとよみがえらせる事とあります。
リフレッシュに一番良いのは「笑う事」と言われています。えー(苦笑)笑ってないですね。
私はリフレッシュを現実と離れた所(非現実)に身を置く事が重要だと思っています。デスクワークの人は、デスクから離れてみる。
座りっぱなしなので立ってみる。動いてみる。そんな事が小さなリフレッシュ、大きくなると行った事の無い海外へ行ってみる等も良さそうです。
麻雀のプロが気分転換に雀荘で麻雀しても、それは普段行った事のない雀荘へ行く点についてはリフレッシュになるかもしれないが麻雀は現実なので現実を思い出してしまう。これではリフレッシュになりません。私はパチンコ好きで仕事もしてたし遊びもパチンコ店へ良く遊びに行ってました。遊びは遊びかもしれませんが、雰囲気がこうで店員がこうでと考え初めてしまうのでもう遊びではなくて仕事ですね。
リフレッシュになってません。
非現実、非日常を考えると遊びやリフレッシュが見えてくると思います。

人間は個人差はありますが45分以上集中できません。また7日間脳を働かせると効率が落ちる様です。そこで学校の授業はそれに合わせて休憩が入るように出来ています。1週間が7日で休みが入るように出来ています。その時間に合わせて効率よくリフレッシュしたいものです。

このサイトは日々リフレッシュする趣味の紹介です。そうなっているのか?なっていないかも・・でも全部は無理だからいっか!
アニメに映画にゲームにラーメンにカレー、そしてお祭りが内容なので、楽しみを持つと言う意味ではリフレッシュになると信じるしか無いなーと思います。日々ですから、毎日となると限られてきますね。
私は食べる事が楽しみでしょうがない!そんな事で普通の人より少し食べてしまいます。お財布がいつも厳しい。ストレス発散がストレスという悲しい現実です。でも楽しみが無いよりマシかも知れませんね。
映画やアニメが家じゅうに並んでお気に入りは20回以上見ます。見ながら寝るのが日課になってしまっていますが、これでいいのだろうか・・只嫌な事は完全に忘れて寝るので、その点については良いかも知れませんね。

顕在意識、潜在意識パート2

話の流れで上手く繋げられませんでした。残念です。

意識や無意識を考えていくと、自然とフロイトという人にたどり着いてしまいます。初めてフロイトと言う名前を見たのは、アニメ!新世紀エヴァンゲリオンが良く解らないと思って調べた時にリビドーとデストルドーという言葉からたどり着きました。

人の意識や精神面に興味のある方はお付き合い下さい。
自分を知る、精神的なものを知る事も重要と考えます。

フロイトの4つの発見(勝手に簡単に訳させてもらいます)
@人を「根本的」に動かしているのは意識(顕在意識)ではなく無意識(潜在意識)の力である
A無意識の力は多くの場合性的なエネルギーにより彩どられる。
B人の行動は無意識と意識的な自我(と良心)の力関係
Cこの力関係は幼児期の親子関係により決定する。

錯誤行為
物忘れ、言い間違い、行動違いなど、うっかりを利用して無意識が現れる。何気ない事にも意味がある。

無意識
意識は氷山の一角であり、大部分は無意識である。意識的な行動は不連続で理解できないが、無意識の過程を推定する事により行動を科学的に研究する事ができる。

快感と現実の原則
幼少期は快を求め不快を避ける行動を行うが、成長と共に自我が形成され、現実的、合理的に行動できるようになる。この現実の原則は快感の原則を抑圧するものとして機能する。

生と死の欲動 エロスとタナトス
生の衝動と死の衝動は同時に働いている。その融合した結果から死の衝動で自分を破壊しない為に攻撃を外に向ける結果が起きた。
人間の行動は、全てエロスとタナトスが対立、結合した結果によるものである。

リビドーとモルティドー(デストルドー)
エロスとタナトスの2つの要素は、発展により細分化、構造化を行い、それぞれ具体的な対象をもった欲求となる。欲求に含まれる性的エネルギーをリビドー、破壊的エネルギーをモルティドーと言う

精神装置論
快(性)の原則が「原動力」、快が現実に触れ変化したものが「自我」、親や権威者にしつられ、出来た良心や道徳が「超自我」
自我は快を制御し、現実の原則を目指して変化して行く。自我は快を抑圧するが、抑圧には心身に影響を及ぼす。又は社会的行動に昇華し、又は逆転して反社会的行動を行う。
超自我は自我を監視する。超自我の監視による自我の抑圧が不足した場合、快を抑制できない社会不適合自我が形成され、抑圧が過ぎた場合、超自我によって快を抑圧しすぎた神経症(ノイローゼなど)、抑圧から快に飲み込まれる精神症(統合失調症、多重人格など)的な人格が形成される。

自我の防衛 ※は例を考えてみました。
自我は過大な負荷が発生した時には、自我の破綻を防ぐ為にあらゆる防衛手段をとる。
この行動は無意識で行われ、主に快の衝動を否定し、現実の原則も否定する。この行動は自動的に発生し、自我の適応に悪影響を及ぼす。
具体的には
@抑圧 この抑圧が行われる事が多いそうです。強制的に無意識に押し込んでしまう。つまり忘れて思い出せない。
過剰ストレスにより事件前後の記憶が無いなんて事をニュースやドラマで聞いた事があると思います。
※ストレス状態で指示を与えると、防衛本能で直後に思い出せない状態になってしまう事がある。

A投影
本当は、自分が相手に対して抱いている感情を自分が持っていると意識できず、相手が持っている事にしようとする。憎しみ、愛情など
※自分が溺愛している相手との負荷が高まると、相手が自分を溺愛していると思い込んでしまうと言う事になる。

B摂取
他人の価値観や観念を取り入れて負荷に対して適応する様に変化する。これは成長過程において必要な行動になる。しかし度が過ぎると主体性の無い人間が形成される。
※あの仕事俺が指示出した、この仕事俺がやった等自分が手を出していない人の業績を自分の功績と思い込んで満足する。

B同一化
自分に無い名声や権威に近づくように自分を高めようとする行動を行う。他人の事を自分の様に感じてしまう。
摂取と同じようで全く違う。摂取は自我に加算されていくが、同一化は自我を隠すので自分が存在しない。対象の真似を行う。自分の都合の良い様に人から人へと対象を変えていく。成長過程で良い面もある。先生や親との同一化
※ストックホルム症候群など

C合理化
色々な正当な理由を付けて納得する。高い所にあるブドウが取りたくても取れないのだが、酸っぱいはずなので取ろうとする事が無駄など。自分に受け入れられない場合は正当な理由が多方面に向いてしまう。
※仕事が上手くいかないのは上司のせいだ、同僚のせいだ部下のせいだ。あいつが悪いこいつが悪い。

D反動形成
受け入れがたい観念などを抑圧すると正反対の行動をとり始める。突拍子もない行動になる事が多い。
※(B)あの上司ダメだよなー (A)いやあの上はこういう所が素晴らしくて〜 (B)あれ?この前まで大嫌いって言ってなかった?
嫌悪感を刺激されると嫌いだと言う事実を思い出さない様に防衛が働き反射的に反対の行動をとる。

E分離
心と体が離れてしまう。おなしな行動だと思いつつもやめられない。無感情になりやすい。エネルギーは突如、意味不明な不安や怒りとして込み上げてきたりする事もある。
※知的、合理的、無感情な人間。

F退行(幼児帰り)
幼児と同じ行動を取る。人から離れる不安感等が募ると退行すると言われている。
※子供が生まれて成長するが、第二子が生まれて親が第二子に向かうと第一子が幼児帰りする。大人が指をしゃぶり始めるなど

G昇華
現実で認められない欲求を高次元に置き換える。これが発生すると美術家や音楽化等を目指し、より欲求に対して苦痛を味わう事になり病的になりやすい。大抵は他の防衛に変わっていく。

H打消し
罪悪感や恥を感じた時に、にそれを打ち消すための行動を取ろうとする。

I置き換え
感情の対象を、対象者とは別の人に置き換えてしまう。
(やつあたり)

J補償
別のもので補おうとする。行き過ぎると過剰なまでに熱中する。失敗しやすい。
※親に何だこの点数は!勉強しろと言われ続けてスポーツで取り返そうと熱中する。

K自虐
相手に向けた感情を嫌な物だと認識していると、その感情を自分に向けて解決しようとする。鬱になりやすい。
※自傷行為

L逆転
本来の欲望と反対の物事
※愛を憎しみに代える

M知性化
横文字や難解な専門用語を延々と用いて話す様になる。(自分でも理解していない)誇大表現や嘘を使い優越感を優先する。
自分を見つめる事から逃避した状態

失敗した防衛
自我の破綻を防ぐ為に上記の様な防衛を無意識で主なうが、その上で更に過度の負荷を受けたりして防衛がうまく働かない場合、
以下の失敗した防衛が発生する。

N転換
抑圧された衝動が体に症状となって表れる。
※声がでなくなった、立てない、手が震えるなど

O身体化
抑圧された衝動が体の不調を訴える。(感じるだけで実際の医学的症状の発生を伴わない)
※胃が痛いのに診断で何も出ない。

P行動化
抑圧された衝動が問題行動を引き起こす
※暴言、暴力、過食、浪費、依存

原始的防衛
原始的防衛は生後五か月以内位の自我が形成する以前に発生しやすいが、大人になってから発生すると社会に適合できないパーソナリティ障害などになってしまう。

Q分裂 生後間もない頃は授乳となるが、授乳してくれるおっぱいを良いおっぱいと判断する。ところが空腹が発生し授乳への欲求が発生した時に即座に授乳されない場合は死に晒されることになり、悪いおっぱいと判断する。ここで良い、悪いおっぱいを同一としてしまうと、悪いおっぱいに対しての不安が良いおっぱいにも適応される事になる。この良いおっぱいへのイメージを壊さない為に、良い、悪いおっぱいを同一とせず違うものとする。これが分裂である。自我が出来てくる中で通常分裂は収束する。
大人になってから分裂が発生すると相手の良い所を見てひたすら称賛したかと思えば悪い所を一つ発見しただけで全てを否定し攻撃を加える。中間が無く全て良いか一つの事象で全て良い、悪いとなり相互を行き来する。※モラルハラスメント、パーソナリティ障害。
自己の場合、自己の善悪を行き来する。(多重人格)

分裂状態で投影や同一化、理想化などが発生するが割愛。

上記の
人を理解できない時にこの防衛は、無意識にて行われるので、自分では理解していないのが普通の状態である。
防衛機制を勉強すると人の行動の根本的部分が見えて来る事があるので参考にしていただければと思う。

もう1点うんちく 本能

本能は無意識化にあると言われています。このページの纏めに行く前に考えていきたい。
エロス、タナトス、リビドー、デストルドーなどの根本から来るものと言われています。

本能で調べると本能が大量に出て来ますねぇ。守備、攻撃、伝達、引力、学び、逃走など様々です。
欲求と本能は研究分野では違うかも知れませんが。私は同じようなもので良いと思います。
私の中ではこれ
5大本能(欲求)
@生存本能
生を継続しようとし、死を恐れる。自己を守り他を攻撃し自己の安定と繁栄を求める。
A生殖本能
種の保存、性には快楽が伴う。
B群居本能
群れて集団を成そうとする。一人では生きられない。
C自己重要感
必要な存在であることの実感
D好奇心
常に新しいもを求める。明るい未来を想像する

分かれてはいるののの、全て生きる為の生存本能とも思ってしまいます。実はこれ、パチンコでサービスを当てはめていく時に考える材料になります。

精神病大国日本

さて!この少し戻って精神装置論を見てみましょう。過ぎた超自我(良心)を与えられると人は精神的に病んでしまうようです。
逆に超自我が少ないと社会不適合になりやすい。
またストレスに過剰で防衛に失敗すると私の様に一旦社会から抜けるしか無くなります
日本を見てみましょう!世界一 精神病患者のベッドが多い国になっちゃいました。外国に比べても精神病患者の比率が高いようです。

なぜこうなってしまったのか!
上で精神装置論を説明した時に超自我(良心)を与えすぎると病的になるようです。また、あれはダメ、これはダメと言われ続け、全てがダメになって身動きが取れなくなった人達が「ひきこもり」になったりします。
超自我は欲求を抑えてしまうので欲求(本能)を満たせない人は「自殺」へ向かったりします。

さて!日本はどういう国か!私の考え
現実より理想を求めて人間の受け入れられない良心を国民に与えた結果、欲求を満足できずに病んでしまった国。です。
日本人は耐え忍ぶ心を持つ国です。それは良いのですが欲求を全て耐え忍ぶと破綻します。
国としての体裁やメンツもあると思いますが現実に寛容さを持たないと、日本は終わってしまうと思っています。
東日本大震災の時に、だからこそ遊ぶべきだと言った人は叩かれまくりましたね。だからダメなんです。
精神破綻している今、理想を何歩か下げざるを得ない状況ではないでしょうか。病んでる場合じゃありません。欲求を満たすと活力を生み生産性が高まる。そんな考えも有りますよ!

みなさん遊びましょう!
笑う事は重要です。一人で笑えるでしょうか。お笑い番組見て笑えるとも思いますが、笑う事が多い時は大抵別の人が絡んでいます。
人と遊びに行く!そんな事を考えていく考えも持ってほしいと思います。飲み会は無駄などじゃなくて、人と絡んで欲しい。そんな思いもお伝えしたいと思います。

私の趣味は偏ってます。特に一人遊びに偏ってる、あちこち転々とした結果、そんな趣味になってしまいましたが、そんな事も取り入れつつもっと良いサイトにしたいと、ふと思いました。

私は「常識」という言葉が嫌いです。考えではなく言葉が嫌いなんです。なぜかと言うと、この言葉で人を攻撃するからです。
しかも罪悪感を感じず人を攻撃できる。そんな様を見ると私はそれだけで心が痛くなってしまいます。
そうやって常識から逃げた結果、私は非常識人間になってしまいました。髭は生やすし髪はボサボサ、仕事はするけど家の事や公的な物は一切考えたくない!行動したくない!変な人間です。悪く言うと社会不適格です。

でも結構考えてたりします。非常識だからこそ出来る変な人間だから考えられる。そんな事があるんじゃないか!特にドクターストップを経験してからは遊びについて考えています。色々と遊びを考えていきたい。又はそんな遊びに関して想いのある人に協力したい。そう思っています。
管理人のお店
2016/12開業
apple製品、携帯ゲーム修理他

↑クリックしてやって下さい↑

広 告

管理人のブログ
HP更新情報

管理人プロフィール
自己満足な内容に
なってしまったので
見ないで下さい